ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

織本順吉 悪代官からいじめられっ子の父になった出来事語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヤクザ映画に親分役でよく出演していた俳優の織本順吉(88)は、テレビ時代劇でも悪代官などの悪役をよく演じていた。なぜ悪役に向くようになったのか、悪役の決まりきった芝居をやらなかったときのことについて語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 織本順吉は1970年代、東映のヤクザ映画に数多く出演している。『仁義なき戦い 完結篇』『新仁義なき戦い 組長の首』『実録外伝 大阪電撃作戦』といった実録映画では、堂々と構えながらも実は内心ではビクついている親分役を演じ、独特のユーモラスな雰囲気を出していた。

「僕は一生懸命に怖いヤクザの親分をやっているわけです。だけど、僕がやると怖くないんですよね。『わしには貫目が足りんのじゃ』というセリフがあったんですが。要は『貫禄がない』ということですね。それを言うと、そこに出ている役者仲間たちがクスクス笑うんです。それでも、深作欣二監督はOKを出してくれました。

 深作さんには『順ちゃん、これやってくれよ』と頼まれることが多かったです。『あいつに頼めば間違いないだろう』という、一種の便利屋的な役目でした。

 親分といっても、弱者みたいな親分ばかりでしたよね。そういう時は逆にやることにしていました。強面のつもりでやると、かえってどこか弱みが出るもんなんです。僕が本気になって強気になると、そういう滑稽さが出るようで。コメディって、そういうところがありますよね。一生懸命にやると、おかしくなる。ですから、意識的に気弱な感じでやったことは、ほとんどないですね。

 作家の別役実さんから、奥さんの楠侑子さんとの二人芝居を頼まれたことがあるんですよ。渋谷のジァン・ジァンという小劇場でね。『なんで僕なんかに声かけたんですか』と別役さんに聞いたら、『俺は「仁義なき戦い」の織本さんを観て、出てもらいたいと思った』と言うんです。嬉しかったですね」

 1970年代は他に、テレビ時代劇などを中心に悪代官などの悪役も多く演じている。

「僕は若くして頭がハゲてきました。だからといって、髪を植えるわけにはいかない。それなら、太ったら悪役ができるんじゃないかと思って、太りました。ですから、若い時の作品を観ると、自分だと気づかないくらい太っているんです。

 それで悪役に向くようになっていきました。悪役というのは、条理に適わないことを無理に人に押しつける役だとおもいます。ですから、押しつけがましい芝居をしていたと思います。

 でも、決まった芝居しか、させてもらえないんですよね。いつも悪代官の役で『斬れ、斬れ!』なんていうことをいつまでもやっていても、埒(らち)が明かないと思ったんですよ。だから、ある時、全く悪代官の芝居をやらなかった。憎々しくやらずに、ニコニコしてるんです。普通の人間で、悪役じゃなくなった。

 マネージャーに言わないでやったものだから、ビックリされましてね。プロデューサーに呼び出されて『悪代官の役なのに、なんでやらないんだ!』って怒られて、謝罪の一筆を書かされました。それ以来、『あいつはやらないからダメだ』というのが伝わって、悪代官の役は来なくなりました。

 そういうことがあったもので、いじめられている女の子のお父さんとか、そういう役に段々と変わっていきました」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。主な著書に『天才 勝新太郎』、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)など。本連載に大幅加筆した単行本『役者は一日にしてならず』(小学館刊)が発売中。

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
古今東西の世界史の悪役や隠れた名脇役51人に光をあてた本
代官山で法話会『お坊さんと語ろう明るい未来』参加費1500円
新スポットオープンで“大人の街”に生まれ変わる原宿・代官山

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP