体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The SALOVERS『青春の象徴 恋のすべて』インタビュー(前編)

thesalovers_04

3月25日をもって無期限活動休止するThe SALOVERSのラストアルバム『青春の象徴 恋のすべて』。これがもう、本当に素晴らしい。とても切ないけれど、どこか晴れ晴れしくもあり、とにかく生きて、生きて、生きまくっているロックソングが鳴っている。これが、The SALOVERSだ。最後の最後にそう断言できるアルバムを4人は作り出してみせた。活動休止に至った経緯や本作に最大限の情熱を注げた理由、そして、これからのこと。フロントマンの古舘佑太郎が剥き出しの言葉ですべてを語ってくれた。

 

——完全燃料するためにバンドの本質だけを聴かせるようなアルバムで。最後だからこそここまでの作品ができたと思うんですけど。

古舘「そうですね。ホントはアルバムを作るつもりはなかったし、最後のワンマンライブもやらないつもりだったんですよ。僕のなかで無期限の活動休止をするって決めて、周りにそれを伝えたときも、何もせずにやめたかったんですよね」

——それは古舘くん個人の思いだったんですか?

古舘「メンバーもそうだったと思います。要は腐ってるみたいな状態だったので。一刻も早く終わりたかったんです。だって、僕らメジャーデビューアルバム(『珍文完聞-Chin Bung Kan Bung-』)から3年もアルバムを出してないんですよ。だから、アルバムの作り方なんて覚えてなかったんですよね。3年もかけてアルバムを作れなかったバンドが最後にアルバムを作ろうと思っても作れるはずないとも思ってたし。だから、早く消えてしまいたいと思ったんです。メンバー間も幼なじみでずっと友だちとして付き合ってきて。今も仲は悪くないんですけど、4人だけで同じ空間にいるとつらくなってしまうような状態になってたんですね」

thesalovers_05

——友人ではなくバンドメンバーであることを意識するのがつらかったということ?

古舘「そういうことだと思います。だから、正直スタジオもしんどいし、本番前はまったくしゃべらないままライブをやったりしてましたし。だから、結局僕ら4人ってバンドメンバーじゃないんですよ。ただの友だちなんですよね。ほかの3人のメンバーも音楽が大好きでバンドをやってるっていうタイプではないので。この4人が好きで、この4人で一緒にいたいからやってきたバンドなんですよね、SALOVERSって。そういうバンドが早い段階でスカウトされちゃって、4人を取り巻く環境が急速にバーッと変わっていって。それに戸惑ったまま3年もアルバムを出せなかったと思うんですけど。気づいたらバンドメンバーなのか友だちなのかという線引きができなくなっていたんです」

——う〜ん、もどかしいね。

古舘「この4人はめんどくさいんですよ、すごく。コミュニケーション能力は低いんだけど、メンバーそれぞれの目を見れば考えてることがわかっちゃうから気持ち悪い(苦笑)。メジャーデビューしてからは必死に曲を作ろう、作ろうってみんな思い込んで一生懸命やるんですけど、友だちとしてバンドをやってたころとは違う状況に戸惑ってしまって。そんななかで、メンバーのことを『あれ? こいつこんなやつだったっけ?』って思ってしまうこともあって。俺も『あいつ変わったな』って思われてたと思うんですよ。でもね、仲はいいんですよ。じゃなかったら最後にこういうアルバムは作れなかったし。ただ、バンドとしては疲弊してしまったんですね」

——疲弊がピークに達する前に立ち止まることはできなかった?

古舘「とにかく一生懸命やらなきゃって思ってましたし、必死だったんですよね。悪循環になってることにも気づけなかったし、気づいたら疲弊していて」

——でも、最後にアルバムを作ろうと4人で決断できたのはなぜ?

古舘「去年の11月に大阪でライブをやって、初めてメンバー4人だけで車を運転して帰ってきた日があったんですよ。そのときに僕が珍しく運転するって言い出して。ライブ自体は盛り上がったんですけど、ライブ前のテンションはすごく低くて。ファンの子たちに申し訳ない気持ちもあったんですよね。『いつアルバム出すんですか?』って言われて『いや、100年後まで出ないかもね』とか言っちゃったりして。そんな腐った感じだったんですけど、帰りの車で(藤川)雄太と話していて——ホントにくだらない話をしてたんですけど——なぜかその話の延長でアルバムの話になったんですよ」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。