ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TAG Heuer、Android WearとIntelチップを採用した高級スマートウォッチの開発を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスの高級腕時計ブランド「TAG Heuer」が、Google の Android Wear と Intel のテクノロジを採用したスマートウォッチを開発することを 19 日にスイスで行われた Baselworld 2015 イベントでのプレスカンファレンスで正式に発表しました。TAG Heuer は今回のパートナーシップで生まれる Android Wear スマートウォッチを年末に発売する予定です。しかしながら、プレスカンファレンスでは開発されるスマートウォッチのスペックや価格などの詳細は公開されませんでした。メディアの報道では、フィットネス関連の機能や GPS 機能を搭載するほか、Apple Watch よりも長持ちバッテリーを備えると伝えられています。また、Google はカンファレンスの中で、TAG Heuer が初の “ラグジュアリーなスマートウォッチ” を発売することになると述べているので、価格は私のような庶民では手出しできないほど高額なものになると予想されます。今回の発表の中で注目されるのは、Android Wear では初めて Intel チップを採用するところです(発売までまだ時間があるので、TAG Heuer よりも先にIntel はいっている製品を出す企業があるかも)。これまではスマートウォッチでも ARM が高いシェアを持っていましたが、今回の提携によって Intel チップの普及に勢いがつきそうです。Source : Intel


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z4のディスプレイユニットの写真がまた流出、パーツサプライヤー情報によると5.2インチWQHDディスプレイを採用
Google Play ミュージックのAndroidアプリでYouTube検索が可能に、アルバムアートの表示領域も拡大
Galaxy S6の分解レポートが早くも公開、バッテリー交換はやや面倒そう

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP