体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界のお花見スポット9選】ワシントンや台湾、イスタンブールの桜が美しい・・・

th_スクリーンショット 2015-03-19 23.49.17

春の風物詩である「お花見」。日本の桜の際立った美しさは国外にも知れ渡っており、シーズンには世界中から花見客が訪れる。だが海外にだって桜の名所は数多く存在する。今回は世界のオススメお花見スポット9選を紹介していきたい。

01.
ポトマック河畔
(アメリカ、ワシントンD.C.)

海外の花見スポットといえば、まずはココ。明治時代に日本から苗木が贈られた桜が、河畔いっぱいに見事な花を咲かせる。

約3,000本と言われる見事な桜を鑑賞しに、地元の人々のみならず、世界中から旅行者が訪れる世界屈指の花見スポットだ。

Cherry Tree Blossoms & Jefferson Memorial

02.
イスタンブール
(トルコ)

東西が交わる花の都、イスタンブール。この歴史ある地にも、数多くの桜の木が植えられている。トルコにはお花見の習慣はないものの、咲き誇る花の下で散歩をするのはどこの地であろうと風流なもの。

Spring in Istambul

03.
バンクーバー
(カナダ)

カナダ西海岸の大都市バンクーバー。この街には50種類以上の桜が植えられており、毎年桜まつりも開催される。現地在住の日本人にはもちろん、カナダの人々にもすっかり恒例となった人気イベントだ。

Kitsilano sakura

04.
ヘルテ峡谷
(スペイン)

この地域は、春になると200万本以上の桜が開花するヨーロッパ屈指の花の名所。開花は3月下旬ごろで、山の山腹一面が真っ白に染まる。雄大な景色の中に咲き誇る白い桜は、死ぬまでに一度は行ってみたい絶景スポット。

Blooming cherry trees

05.
東湖桜花園
(中国、武漢)

ポトマック河畔、弘前公園と並んで「桜の世界3大名所」に挙げられるのが、この東湖桜花園。この地の桜は、地元の人々にもよく愛され、シーズンには数多くの花見客が桜花園に訪れるという。

Red and Gold Cards on Cherry Blossom Tree China

06.
ペトシーン公園
(チェコ、プラハ)

東欧随一の文化の都、プラハでも桜は見ることができる。このペトシーン公園は、プラハ城の北西に位置する小高い丘の上にある公園。園内には数百本の桜の木が植えられており、花見を楽しめる他、初夏にさくらんぼの実を実らせる。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。