ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レキシ、徳川家康没後400年を記念した特別展のテーマソングを担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の歴史をテーマに、高い音楽性と爆笑必至のパフォーマンスで、絶大な支持を集めるレキシが、今月28日から東京都江戸東京博物館で開催される、徳川家康没後400年記念の特別展「大 関ヶ原展」のオフィシャルテーマソングを書き下ろしたことが明らかになった。

2015年は徳川家康没後400年にあたる節目の年。誰もが知る”関ヶ原の戦い”という歴史上垂涎の舞台に、400年の長い年月を経てレキシと徳川家康の夢の邂逅が実現した。

今回の特別展は徳川家康はじめ、合戦に参加した各大名家の武具、絵画をはじめ、当時交わされたリアルな肉声を伝える古文書、さらには今回の特別展の目玉である立体映像によって、かつてないスケールで合戦の実像に迫る内容となっている。

特別展を主催するテレビ朝日は、オフィシャルテーマソングを手掛けてくれるアーティストを探すなかで、「レキシはその音楽性やコンセプトがとても気になっているアーティストだったので、打ち合わせの際にスタッフ全員で曲を聴き、今回の企画にピッタリだと思い、全員一致でオファーを決めました。どんな曲が仕上がるか想像がつかなかったのですが、レキシさんらしい軽快なリズムがこの“大 関ヶ原展”を応援してくれているようで今からとても楽しみです」という経緯でオファーするに至ったとのこと。

一方、今回のオファーを受けたレキシは「戦いに行く、とかじゃなくて、今キミに逢いに関ヶ原に行きます、みたいなイメージで作りました」とコメント。今回書き下ろされたテーマソングは、これまで歴史の様々なシーンを独自の解釈で曲にしてきたレキシらしく、血なまぐさい合戦のイメージを覆すドリーミーでメローなグルーブに包まれた郷愁溢れるポップソングに仕上がっている。

このテーマソングが起用された「大 関ヶ原展」のTVCMは本日19日から関東ローカルでオンエア予定。「大 関ヶ原展」は東京都江戸東京博物館ほか、6月2日から京都文化博物館、8月7日から福岡市博物館の3都市で開催。

開催概要
徳川家康没後400年記念 特別展「大 関ヶ原展」
オフィシャルサイト:http://sekigahara2015.com/

会期:2015年3月28日(土)~5月17日(日)
会場:東京都江戸東京博物館
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館、テレビ朝日、BS朝日、博報堂DYメディアパートナーズ
特別協力:公益財団法人、徳川記念財団、大阪城天守閣、朝日新聞社

会期:2015年6月2日(火)~7月26日(日)
会場:京都文化博物館
主催:京都文化博物館、テレビ朝日、BS朝日、博報堂DYメディアパートナーズ
特別協力:公益財団法人、徳川記念財団、大阪城天守閣

会期:2015年8月7日(金)~10月4日(日)
会場:福岡市博物館(予定)
主催:福岡市博物館、テレビ朝日、BS朝日、博報堂DYメディアパートナーズ
特別協力:公益財団法人、徳川記念財団、大阪城天守閣

関連リンク

レキシオフィシャルサイト「うぇぶ城」:http://www.laughin.co.jp/ikechan/
レキシ レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024737.html
レキシ オフィシャルTwitter@ekechang

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP