体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.7  柳川荒士(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)×オカモトショウ(後編)

shoarashi_5

 

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第7弾は、パリコレクションにも参加するブランド、JOHN LAWRENE SULLIVANのデザイナー柳川荒士が登場。無類の音楽好きとしても知られる彼が、ファッションに強い関心を持つオカモトショウと初の対談。音楽とファッションというジャンルは違えど、志や姿勢は共通する2人はあっという間に意気投合。熱いトークを繰り広げました。

(中編より続き)

柳川「できることならば、音楽を聴く人や服を着る人たちも、もっとクリエイティヴであってほしいと思います。いいクリエイションを理解するには自分自身がクリエイティヴになっていかないといけない。周りに右往左往する耳や感性で服を見てると、自分たちもその枠から出れないじゃないですか。でもその枠を飛び越えた時に、とてつもない感動が待ってる。だからもっとそういうところにチャレンジしたいと思わせる動機の1つになるようなバンドやブランドになれたら最高だなと思います。この良さをわかりたいって努力したり、磨きはじめる動機になりたいですよね」

ショウ「この服を着てやりたいと思わせたい、っておっしゃってましたもんね」

柳川「そう。着たい服、着てみたい服を作っていきたい。自分がもっと成功して、もっと影響力のある人間になると、人はわかろうと努力すると思うんです」

ショウ「矢野顕子さんが『努力して音楽を聴いてください』ってライヴでおっしゃったんですけど、本当にそう思います。俺たちも自分自身が頑張って1か月聴き続けて『やっとわかった!』と発見がある音楽もあるんですよ。アルバム全部ではないけれど、数曲忍ばせているそういう楽曲を聴いてわかってくれたりすると、絶対何かが広がると思うんです。俺は音楽からそういう感動を受けることが沢山あるので、同じように自分の音楽でも与えられたらいいなと思います」

柳川「服も音楽も、叔父さんや先輩に勧められたものを最初は理解できなかったんだけど、自分の中で感性がボンと弾けて、感じられるようになった。これは口では説明できない感覚なんだけど、そうなると、自分が変化していく。耳も目も感覚も鋭くなっていく感じがする。そういう感覚を若い人たちが持つようになれば、日本のファッションの文化度は上がってくんじゃないかと思います」

ショウ「嫌いと思えるかどうかもすごく大事ですよね」

柳川「みんながいいと言っているものをちゃんと嫌いと言えるのは、自分でジャッジができているということだから素晴らしいことだと思います」

ショウ「興味がないものは世の中に沢山あるし、街の中にも溢れてるけど、あまりにもそういうものばかりに囲まれてなんとなく暮らすのはもったいないなと思いますね。ちょっとでも自分はこれがいい、これが嫌だという感覚を持てば、大好きなものができて、それになんとかして関わりたいと思って仕事や趣味を始めたり、人生に1つ道筋ができていくような気がします。そこまで壮大なものを常に伝えたいと思うほど俺は偉くないけれど、最終的に行きつきたいのはそういうところですね」

柳川「OKAMOTO’Sの音楽を聴いてそういう気持ちになってる人は絶対いると思いますよ」

──実際、OKAMOTO’Sからそのルーツを辿り始める人もいますしね。

ショウ「ハマくんがやっていたラジオに、16歳の女子高生から『The Whoをかけてください』というリクエストが来て。俺らがアルバムでカバーしたのを聴いて知って、『オリジナルを流してください』って。そういうのは本当に嬉しいですね。ルーツが全てではないし、そこから最新の音楽を聴き漁るでもいいんだけど、とにかく自分の好き嫌いがわかったり、文化に興味を持ってくれるという、それが嬉しいですよね。自分たちが作っている好きなものが、そういうきっかけになれたらいいなと思います」

──JLSの服も、生地から、それこそ糸からこだわって作っていることで他にない美しさが出来上がっている、そういう裏側をもわかってもらえたら嬉しいですよね。

柳川「そこを売りにしているわけではないけれど、自分自身が白いシャツが5枚並んでいてその中から1枚を選ぶ理由があるじゃないですか。シンプルなものの中で選ばれるということ、選ばれるために妥協したくないんです。こういうシャツだったらこういう素材があればいいけれどない、じゃあ自分たちで作らないとっていう。既成の素材で安価な白シャツでいいという人はそれでいいんです。でも目の肥えた人たちや感性の鋭い人たちに手に取ってもらうためにやってみるというだけで、いちいち裏側を謡う必要もない。周りに向かって無言で、服で、『どうですか、わかりますか』って常に真剣勝負で挑んでいるんです。わかってほしいなって」

ショウ「本当にそうですよね。その努力、自分を突き詰めていく感じ、それこそ自分の中のプレッシャーとの闘いですよね。今は次のアルバムに向けて色んな曲を書いてるんですけど、とりあえずやりたいことを全部やります。最近はメンバーも『どうなってんの?』って混乱するくらいの曲を沢山書いてるんですよ。本当に、それくらい自分を出して挑戦して、突き詰めていかないとなって思います。苦労するというか、魂を削ってる瞬間がありませんか? 『いや、もっとだ』みたいな時だったり」

柳川「ありますね」

ショウ「そこがたまらなく楽しいんだけど、気づくとドッと疲れたりもして。ずいぶん前に作ったものを聴いて『うわあ、狂気じみてるなあ!』と感じたり。でも何か残したいですよね。自分のクリエイションを人に伝えられたり、そこで好き嫌いを判断してもらうために、自分も熱をもって作っていくべきだと思うし、OKAMOTO’S印を残せたらいいなとは思いますけどね」

柳川「そもそもOKAMOTO’Sの音楽を聴いたり、JLSの服を着てみたいと思う人は、やっぱり何か感じたいと欲しているんだと思います」

──どちらも主義主張が激しいですからね。

柳川「それでいいんですよ」

──うん、アクがあるほうがいい。ショウくんは世界にも出てみたいと思っているわけで、その話も聞いてみたいんじゃないですか。

ショウ「そこはすごく興味があります。やっぱり自分で世界に行きたいというアピールをして向かっていったんですか?」

柳川「僕はやりたいと思ったら即行動してきた人間なんです。オファーされて大きな合同展示会の中で4ブランドくらいでショーをやったのが東京コレクションのデビューなんですが、面白かったんですよね。リハも本番もとにかく気持ちが良かった。自分の服をモデルが着て歩くとすごく格好いいなと思ったんです。それで、これを自分1人の舞台としてやりたいと思って、即その半年後に単独のショーをやったんですよ」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。