ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「そうだ、モンスターを食べよう! 」異色すぎるグルメマンガ? 九井諒子先生の『ダンジョン飯』が人気

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

史上初の料理漫画といわれている『包丁人味平』に、『美味しんぼ』『ミスター味っ子』『孤独のグルメ』etc.……。料理を題材としたマンガは数多くありますが、今年1月にコミックスが発売された“異色すぎるグルメマンガ”もかなり評判になっております。

雑誌『ハルタ』にて連載中の九井諒子先生の『ダンジョン飯』がそれで、発売してすぐに評判となり売り切れる書店が続出したとのこと。

待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!
九井諒子、初の長編連載。待望の単行本化!
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

ということで、料理の材料はダンジョンのモンスター。第一話のタイトルは『水炊き』なのですが、鍋には大サソリにキノコ系のモンスター“歩き茸“が入っているというシロモノ。素材の特徴や、それぞれの調理法が細かく解説されるなど、ファンタジーながら妙に納得してしまう作品となっております。読んでてお腹が空くかどうかは定かではありませんが。

『Amazon』では、3月19日現在179のレビューがあり

星5つ: (156)
星4つ: (16)
星3つ: (6)
星2つ: (0)
星1つ: (1)

と、かなりの高い評価を獲得しております。

ちなみに、唯一の星1つがついているレビューは

絵はかわいいが実際に使えないし、やっぱりちょっと気持ち悪い。

というもので、

179 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

となっています。というか、「実際に使えないし」ってアナタ。

※画像はエンターブレインウェブサイトより引用

カテゴリー : エンタメ タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP