ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオン、京セラのタフネススマートフォン「Kyocera S301」をイオンスマホ第6弾として3月27日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イオンが「イオンスマホ」の新ラインアップとして、京セラのタフネススマートフォン「Kyocera S301」を追加したことを発表しました。発売日は 3 月 27 日で、29,800 円 + 税で販売されます。イオンスマホ第 6 弾の Kyocera S301 は IP57 レベルの防水・防塵に加えて、米国防総省調達の機器調達基準 MIL-STD-810G に準拠した耐衝撃を備えた高い耐久性が売りの Android スマートフォン。セットで提供される SIM カードは、ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」の 2 プランです。月額 1,350 円 + 税の「音声通話スタートプラン」(データは上限 1GB)では端末とセットで月額 2,591 円 + 税~、月額 1,650 円 + 税の「ライト S プラン+音声通話オプション」(データは上限 5GB)では端末とセットで月額 2,891円 + 税~で利用できます。端末はソフトバンクの「DIGNO U」をベースにしたもので、5.0 インチ 960 × 540 ピクセル(qHD)の液晶ディスプレイ、64bit 対応の Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、1.0GB RAM / 8GB ROM(Micro SD 対応)、背面にフル HD 動画の撮影も可能な 500 万画素カメラ(AF、F2.8 レンズ、HDR 撮影、連写も可能)、前面に 200 万画素カメラ、2,300mAh などを搭載しています。Source : イオンビッグローブ


(juggly.cn)記事関連リンク
ワイモバイル版Nexus 6のAndroid 5.1アップデートが開始
「Huawei Acsend Mate7 mini」とされた端末は別メーカーの端末だった模様
Cyanogen、アプリ単位でテーマを切り替えられる「App Themer」機能をCyanogen OS 12に導入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP