ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fi内蔵のメモリーカードMobi に新バージョン、クラウドにシンク!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Mobi Pro

普段はスマートフォンで撮影していても、子どもの運動会や旅行といった“ここ一番”のシーンは一眼レフカメラで撮影する、という人は多いのではないだろうか。

そんな人に便利なのが、Eyefiから出ているWi-Fi内蔵メモリーカードMobiシリーズ。ペアリングしたスマホなどの端末に撮ってすぐに写真をワイヤレス送信できるというものだが、このほど新機能を盛り込んだMobi Proが発表された。

・Rawファイルに対応

Mobi Proでは、RawファイルをスマホやPCといった端末にワイヤレス送信でき、さらにはEyefiのクラウドにシンクさせることが可能となっている。家庭の無線LANネットワークに直接つなげられるようになったのも特調だ。

また、これまでのMobiカードと異なり、端末などに送信する写真を選択できるようにもなった。なので、撮ってすぐに会心の1枚を選び、端末から家族や友人とシェアして楽しめる。

・容量は32GB

Mobi Proは他のMobiカードと同様にデジカメ1000機種以上で利用できる。使うには普通のカードと同じようにスロットにセットし、写真データを取り込む端末にアプリをダウンロードすればいいだけだ。

容量32GBで、価格は99.99ドル。ややお高めだが、Eyefiのクラウドが1年間無料で利用できるという特典が付いているので(通常、クラウド利用料は年間49.99ドル)、デジカメを使った撮影が多い人は要チェックだ。現在、Eyefiのサイトでのみ購入できる。

Eyefi

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。