体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーフィンが教えてくれた、人生で大切な「7つのコト」

150319_surf-is

サーフィンは、競争で成り立つ他のスポーツとはちょっと違う部分がある。サーファー達が語るのは、視点や生き方を共有していく楽しさや、自由さでもあり、それは今の時代の新しい生き方を最も明確に現している精神性のひとつなのかも知れない。

ここで紹介するのは、サーファー達が波にのることで教わった大切なこと。ライフスタイルカルチャーを知ることで見えてくること、たくさんあるのではないだろうか?

Zambales Sunset Surf

01.
不安があっても
行けばなんとかなる

週末、良い調子の波が来てる時に、海は混雑して黒い点で一杯になる。最初は自分の腕が心配になることもあって、雨で海がすいて、他のサーファーたちがいなくなるのを待ったりする。

でも、長いこと海に行っていると、そこには色んなタイプの人がいて、本気で波にのりに来ている人はごく少数ということも。ただプカプカ浮いてるだけの人や、適当に遊んでる人がほとんどだったりもした。苦手だった「競争」みたいな感覚はそこにはなかった。
まずは行ってみること。そうしたら、意外と簡単だったことが見えてくる。

Sunset surf

02.
大きな努力よりも
やり続けることが大切

サーフィンの上達に必要なのは、単純にどれだけ水につかっていたか、その時間だったりする。海に出始めて最初の半年は全然波にものれず、6ヶ月が経っても数える程しか成功しない。ほとんどの時間をパドリングに費やし、海に落ちて、打ちのめされて、他のサーファーにジェラシーを感じながらクタクタで家に帰る。悔しい気持ちを胸に。

それは時間の無駄ではなくて、どう波が動いて、ボードのどこに立って、どう動けば良いのかを覚える期間でもある。常に潮が変わり続ける中で、ある日突然波を掴めるようになる。自分でも何が変わったのかはわからない。ただ、のれるようになる。我慢強くもなるし、目指すものに集中することで、小さなことを忘れてナチュラルハイになることだってできる。
まずはコミットして続けてみることで、はじめて見えてくるものがあるってことに気づく。

Surf!

03.
時期を見極めて
その瞬間を逃さないこと

ひとつ目の大きい波がきたあとにはもう1〜2回大きな波がやってくる。ほとんどの人は1回目の波を追いかけて狂ったようにパドリングでダッシュするけど、そのほとんどが失敗する。実際はもう少し待ってあとで来た波にのった方が大きな波にのることができる。
忍耐が大切で、皆がダッシュし始めたときに冷静に周りを見渡して次にくる波を逃さないことが大事だったりする。

04.
常に初心!
謙虚であること

物凄く上手に波にのる男がいた。でも、実を言えば彼はロングボードにのってるだけで、ただ他の人よりも簡単に波を掴むことができるだけだった。さらには波を待っている人々の列を無視して、自分勝手に波乗りを続け、リーシュコードを掴んで邪魔までしてた。たしかにスキルはあったけど、彼は5年後も全く同じことをし続けてる。誰かを邪魔して波を奪う。だから今よりもスキルが上がることはない。

もっとオープンに、周りの人にアドバイスをしたりされたりして、サーフィンのスキルは上がっていく。それは競争ではなくて、共有することの大切さでもある。波と知識を共有して、お互いに成長して行くこと。それはどんなことにも共通する重要なことだ。

sports action  surf surfer surfing water beauty beautiful intense basketball skateboarding skateboard air jump barrel barell tube wave ocean scenic water photography pictures picture

05.
みんな助け合ってる
応援し合うことが大切

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。