ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

缶ビールの暴発を防ぐおまじない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


自動販売機で買ったばかり(落下してすぐ)の缶ビールや、うっかり地面に落としてしまった缶ビールのフタを開けて、泡まみれになった経験はないだろうか?

【動画や画像を見る】

今回紹介するのは、衝撃を与えた缶ビールの泡を鎮めるテクニック。方法は、缶を回しながら、側面を軽く指でまんべんなく弾くだけ。なんと、これだけで泡の暴発がかなり鎮められるのだ。

まずは、泡が噴き出してしまう原理を説明しよう。缶ビールに衝撃を加えると、ビールの中に溶け込んでいた炭酸ガスの一部が気体に戻り、缶の内側に泡となって付着し、缶内の圧力が高まる。その状態でフタを開けてしまうと、缶内の圧力が一気に下がり、炭酸ガスの気泡が膨張して、泡が飛び出してしまうのだ。

問題は缶の内側に付着した炭酸ガスの泡。そこで、缶の外側を指で弾くことによって、内側についた気泡をはがして、上部に集めれば、あとはフタを開けてもガスが抜けるだけで済むというわけだ。

うっかり衝撃を与えてしまったビールをすぐに飲みたいときは、試してみてはいかがだろう?
(R25編集部)

缶ビールの暴発を防ぐおまじない?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

サーモスが作った真空スピーカー
缶ビールでもお店みたいな泡!?
空き缶を手で簡単につぶすコツ
キンキンを極める?氷のグラス
缶コーンスープの粒を飲み干す裏技

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。