ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「思わずもらい泣き」au話題動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3月は別れと旅立ちの季節。入学や就職を機に上京する若者はこの春も多いだろう。はたして、どんな人と出会うのか、どんな出来事が待ち受けているのか? 新生活への期待と不安、故郷を離れる寂しさを胸にかかえ、東京に降り立つ。心細さの募るそんな瞬間に、もし故郷の家族や友人からサプライズエールが届けられたら――。

【動画や画像を見る】

上京する若者が続々とやってくるこの時期、そんな心温まるプロジェクトをau(KDDI)が仕掛け、その模様を撮影した動画が注目を集めている。

「SYNC YELL」と呼ばれる同プロジェクトは、「上京する人」と「地元で見送る人」たちの心をスマホでつなぐというもの。上京した人が駅を出ると、駅前に設置されている大型ディスプレイのセンサーが本人のスマホを感知。突然ふるさとからのビデオメッセージが流れるというしくみだ。

ネタばれになるので紹介は一部にとどめるが、動画では3人の若者が登場し、サプライズエールを受け取る一部始終が収められている。そのうちの1人、倉本千尋さんは4月から本格的にモデルの仕事を始めるために上京。千尋さんが駅を出ると、なぜか傍らから千尋さんを呼ぶ母親の声がする。声をたどって視線を送った先には、大型ディスプレイに映る等身大の母親の姿が…。思いもよらない展開に驚きの笑みを浮かべる千尋さんだが、「本当は上京してほしくないと思っていた」「心配しなくていいから、生きたいように生きなさい」と娘を思う母の言葉に耳を傾けるうちに、いつしか瞳には涙があふれてくる。

さらにこのビデオメッセージにはもうひとつ、心温まる仕掛けがある。ビデオメッセージのラストでディスプレイにスマホを近づけると、このメッセージがスマホに吸い込まれるようにして、「心願成就」のお守りとして保存されるのだ。自分を勇気づけたビデオメッセージが手許のスマホにお守りとなって存在し続けることほど、心強いことはないだろう。

実は、auが今回のような取り組みを行うのは、初めてではない。昨年のクリスマスには東京と大阪、離れて暮らすカップルの“距離”をつなぐべく、「SYNC DINNER」と銘打ったプロジェクトを企画。ディスプレイ越しに2人がレストランでディナーを楽しむ様子を動画で公開した。テーブルを挟んで映しだされた2人のやりとりは、時間差なく完全なリアルタイム。高解像度の画面もあいまって、目の前に相手がいるかのようだと多くの視聴者を驚かせた。また、2人がディスプレイ越しにグラスを近づけて“乾杯”するとグラスが触れ合う音がしたり、彼氏が息を吹きかけると彼女側のケーキのローソクの火が消えたり、趣向を凝らした演出も話題となった。

もちろん、今回の動画もスタッフが準備して制作したものだが、エールを受け取る若者にとってはリアルサプライズだったという。上京した経験のある人なら当時の気持ちを思い起こし、遠く離れた故郷の家族や友人の顔が胸に浮かぶだろう。身近な人を送り出した経験のある人にとっても、当時の記憶が胸によみがえってくるに違いない。

離れた人たちの距離を感じさせず、心の距離を縮めるのがこのシリーズのテーマ。次にauはどんな人たちの距離を縮め、感動の体験を創りだしてくれるのか、今後とも目が離せない。
(奈古善晴/考務店)


(R25編集部)

「思わずもらい泣き」au話題動画はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP