ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実は無意味な会社選び基準1位は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


この3月から2016年卒業の新卒者向けの就職活動が解禁された。学生にとっては人生をかけた真剣勝負のスタートだ。社会人の皆さんも、就職活動をしていた当時、事業内容や職種はもちろん、給料、知名度など色々な観点で就職先選びに迷ったことだろう。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし、いざ働き出してみると「大事なのはそんなことではなかった…」と気付かされることも多々ある。そこで20代の男性社会人200人に、「就職活動の時は会社選びのポイントとして重視したけど、今思うと“あまり意味がなかったこと”」を挙げてもらった。

●就活では重視したけど、実は意味がなかった「会社選びの基準」TOP10
(1位~3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptとし集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 事業内容 190pt
2位 平均年収 161pt
3位 初任給 149pt
4位 会社のネームバリュー 101pt
5位 社風 99pt
6位 福利厚生 56pt
7位 企業理念 53pt
8位 説明会の雰囲気や人事の印象 51pt
9位 自分のやりたいことができそうか 48pt
10位 OB訪問などで会った社員の印象 47pt

TOP3はいずれも就活生なら気になるポイントがランクイン。特に2位・3位は「収入」にかかわる情報として見逃せない!と思ってしまいそうだが、先輩社会人たちはなぜこれらのポイントを「意味がない」と考えたのか? 理由は以下の通りだ。

【1位 事業内容】
「実際に働いてみると価値観が変わる」(26歳)
「事業内容と実際の業務ではギャップがあった」(27歳)
「結局、入社したらやりたくない仕事もやらされるから」(26歳)
「結局、どの仕事もしんどい。一方でできる人は何をしても出来ると思うから」(27歳)
「勤め先の事業内容が何だろうと、結局自分に出来る仕事は大して変わらないから」(28歳)

【2位 平均年収】
「入ってみないと実状はわからない」(25歳)
「実際には部署により全然違う」(25歳)
「あくまで平均だったから」(28歳)
「みんな実際似たり寄ったりなので」(29歳)

【3位 初任給】
「初任給ではなく、生涯年収のほうが大事だから」(27歳)
「結局税金だなんだで手取りは少なかったから」(28歳)
「結局税金とか会社の都合とか勤務日数とかでいかようにも減らされるので」(27歳)
「それよりもやりがいと適性のほうが重要だから」(22歳)

【4位 会社のネームバリュー 】
「ネームバリューがあっても特にメリットはないと思ったから」(28歳)
「結局は、社内環境が一番大事だということに気づいたから」(24歳)
「結局は一人ひとりの仕事に対する態度が大事」(26歳)
「まったく意味がない。自分に合うかどうかのほうがよっぽど重要だと思う」(22歳)
「名前より現場の雰囲気」(25歳)

【5位 社風】
「外から見ても実態はわからないから」(25歳)
「文字だけではわからない部分が多すぎた」(25歳)
「業務内容や転勤の有無など実際に働かないと分からないが、一番わかり難いのは言葉も曖昧な社風だと思う」(26歳)
「状況に応じて変わるから」(27歳)
「会社と自分の性格の一致が大切なので」(26歳)

目立ったのは“結局”という言葉。特に「理想はこうだったけど、結局○○だった」という“期待外れ感”が目立つ。皆さん、よほど社会の現実に失意を味わっているのか…。

以下、6位~10位までを挙げた人の意見も、代表的なものを1つずつご紹介しよう。

【6位 福利厚生】
「休みが多くても取りづらい雰囲気だから」(24歳)

【7位 企業理念】
「結局、その会社で続くか続かないかは業務内容と人間関係でほぼ決まるので、企業理念はほとんど関係ないと思う」(26歳)

【8位 説明会の雰囲気や人事の印象】
「後から思うと、人事の人当たりの良さに騙された感じがするから」(27歳)

【9位 自分のやりたいことができそうか】
「やるべきことをやるのであってやりたいことをする場所ではないから」(26歳)

【10位 OB訪問などで会った社員の印象】
「あくまで多くの社員の1人に過ぎないから」(27歳)

やはり会社案内で書かれていることと、働いてみて実感することのギャップを挙げる人が多数。当然のことながら、その仕事(&職場)が自分に合うかどうかは、実際に働いてみないとなかなかわからないということだろう。ただ、多少なりとも参考になるとすれば、上記調査で「下位」になった項目。今回の調査結果を最下位から順に3つ挙げると、「海外勤務の有無」「経済紙(誌)などで読んだ企業分析」「教育研修制度」となる。これらは会社選びの基準として「一定の意味がある」ということかも。進路に迷う就活生の皆さんは、参考にしてみてはいかがだろうか?
(R25編集部)

実は無意味な会社選び基準1位は?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「超優良 中小企業」の探し方
対処法は?面接あるある失敗事例集
面接官からの珍質問を集めてみた!
会社員になって気付いた10の真実
「就職できない若者」意外な共通点

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP