ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一曲やったら一局いかが?実際に将棋ができちゃうギターピックの充実度ったらない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イケベ楽器のリボレ秋葉原店が2月から販売開始しているギターピックのセットが新感覚だと評判です。それがこちらの「将棋クロス&ピック」なるもの。

画像は通販専用サイトより
将棋盤をあしらったクロスと、そのマス目の上には文字が書かれたピック。 かなりクールです。しかし、なぜ楽器店が突如このような商品を販売したのでしょうか?

メーカーによると、たとえば今まで “和テイスト”の楽器はあっても、それを弾くための道具に対してそのような徹底した発想のものはありませんでした。ギターを弾くために多くのプレイヤーにはピックも必要。今までになかったものというコンセプトを突き詰め徹底していく上で、モチーフとなった「将棋」や「漢字文化」こそ、日本の楽器業界の伝統を築く上でも一番のアピールポイントになるという思いから制作されたそうです。実際に昨年の7月にパリで開催されたJapan Expoで初出展された際には、予想以上の好評だったそうです。

重層なイメージを駒型ピックはセルロイド製。もちろんすべて丈夫に作られた使用できるピックです。さすがに予備がこれだけあれば安心ですね。クロスとセットになっているのもなかなかの実用性です。

パッケージもまた粋です。なんだかわかりますか?そう、お茶屋さん販売用の茶葉の袋を模したデザインです。練習の合間や後に1局対戦する、っていうのもいいですね。

シンプルながらもしっかり惹きつけられるポイントがあり、さらに本格的に将棋ができる上に実用的とあって、先のJapan Expoではもっぱら「面白い」との声が多数だったという「将棋クロス&ピック」。確かにこれは楽器業界の新しい方向性として注目です。と同時に、このような楽器本体以外の “小道具”に対する見方もいろいろと変わってきそうな気もしますね。

イケベ楽器店・通販専門公式ショッピングサイト「将棋クロス&ピック」

関連記事リンク(外部サイト)

見た目からして速そう!ライバル達の度肝を抜いた “本物仕様” の「将棋駒」ミニ四駆!
なんと日本伝統の藍染めの原料「タデ藍」を使用した"飲む藍"『藍の青汁』発売!
収穫の喜びとデコ文化が直結? 京都・北野天満宮のずいき御輿

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP