体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「毎日100頭の象が人間によって殺されていることを知っていますか?」 ドローン技術で密猟から守る「Air Shepherd」 プロジェクト

150318_lindbergs-drone

「翼よ、あれが巴里の灯だ」
世界で初めて、大西洋無着陸横断飛行(ニューヨークからパリ)に成功したチャールズ・リンドバーグ。彼はまた、世界で最初の環境保護活動家だったことを知っていますか?

Charles Lindbergh, wearing helmet with goggles up, in open cockpit of airplane at Lambert Field, St. Louis, Missouri

ここに紹介する動画は彼の死後、その遺志を引き継いだ仲間たちと、妻アン・モローによって設立された、リンドバーグ財団から支援を受ける「Air Shepherd」の取り組みの記録です。

簡単に動画の内容を説明すると・・・。

①近年、アフリカで象やサイの密猟が問題視されている。その目的は象牙。
②これに対し、ドローンとスーパーコンピューターの技術を応用し、密猟を阻止する活動がある。
③プロジェクトを支援する「リンドバーグ財団」は、大西洋無着陸横断飛行で知られるチャールズ・リンドバーグの遺志により設立された。

2010年からの3年間で、100,000頭以上の象がアフリカ大陸で殺されました。2013年だけでも40,000頭、密猟による象の殺害は年々増加している現状です。

毎日、100頭の象が
宝飾品のために殺されていく

Steve Oberholtzer, USFWS assembling ivory tusks on a tower for display before crushing

これほどまでに象が殺害され続ける理由は、彼らの牙。象牙は高価な宝飾品として珍重されています。現在、ワシントン条約により、「アフリカゾウ」は絶滅の危険性がある生き物として認定、象牙の輸出入も禁止されてきました。

それでも、中国やアメリカでは、象牙の需要が今も高く、アメリカでは象牙1本が$75,000ドルの値が付くとか。同様にサイの角も闇市場で$65,000ドルで取引されているという話もあります。

Dead Elephant in Kruger

象牙のみならず、サイの角にも需要があることはあまり知られていません。そこには、驚くべき理由がありました。
粉末状にしたサイの角が、発熱や癌の治療に効果があると、ベトナムをはじめ、一部のアジアの国では信じられているそう。

さらに、ベトナムの富裕層たちの間では、角の粉末をカクテルに混ぜたアルコール飲料が「億万長者のカクテル」と、もてはやされているというもあります。

空中から監視し
レンジャーが駆けつける

USGS Team Flies Drones for Oregon BLM Forestry Research
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。