ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腹黒女医 北海道旅行に行く患者に『白い恋人』を執拗にねだる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中には、ちょっと変わった医者がいる。神奈川県のアパレル業・Kさん(37才)は、なんとも腹黒い整形外科医に遭遇したという。

 * * *
 今年になって通い出した、家の近くの整形外科医院。診察後、年輩の女先生から、「来週も金曜日で大丈夫?」と、次の予約を聞かれたので「すみません、来週は母と北海道旅行なんで再来週でお願いします」と答えたんです。

 すると先生、「あら~、北海道なんていいわねぇ。食べ物はおいしいし、景色はきれいだし、うらやましいわ~」と、帰ろうとした私の行く手をふさぐんですよ。

 笑ってスルーしようとしたけど、さらに「私、昔から『白い恋人』が大好きなの。『マルセイバターサンド』もおいしいのよね」と、いつまでも話をやめないの。

 仕方ない。「買ってきましょうか?」と聞くと、顔の前で手を振って、「いいですよ、そんなぁ~。お土産なんていらないからねっ」と大げさなリアクション。

 診察室を出るときに、もう一度、「お土産なんて、本当にいいからね。うちはスタッフが3人いるから、私の分を入れたら4個。そんなの悪いから。本当に無理しないでね」と念を押すのよ。

 もちろん買ってきましたよ。ちゃんと4人分のお土産。後でお隣さんから聞いたんだけど、この手でスタッフのお歳暮、お中元を集めているんですって。

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
優待株投資のツボ 株主総会に出席してお土産もらえる銘柄も
中国人観光客 土産選びに情熱を注ぐのは日本製が喜ばれるため
バカ売れ『どじょうかりんとう』 次は『どじょうパイ』準備

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。