ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダルの右肘断裂 米国でも指摘の「スプリット犯人説」を検証

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有がオープン戦で肘を故障し、17日にトミー・ジョン手術(※)を受けた。近年のメジャーでは、肘を痛めて同手術を受ける選手が絶えない。今回のダルのケースを入れれば、2014年1月から手術を受けた選手は34人(野手含む)に上る。

【※注/米国人外科医、フランク・ジョーブ氏によって考案された肘の靭帯再建手術。損傷した靱帯を切除し、別の部位から正常な腱の一部を摘出して移植する。1974年に初めて手術を受けたトミー・ジョン投手にちなんでそう呼ばれる】

 なぜここまで故障者が多いのか。そしてなぜダルまでもが壊れてしまったのか。日米で唱えられている「スプリットが悪い」説を検証しよう。1983年にトミー・ジョン手術を受けた村田兆治氏はこう語る。

「メジャーでは打者が強振してくるので、ダルや田中(将大)はスプリットなど縦の変化球をより多く使うようになった。縦の変化球を使うと、より肘に負担がかかる。私は故障の原因の1つはここにあるのではないかと見ています」

 実は「スプリット犯人説」は米国でも広くいわれている。ロードアイランド州の地元紙『プロビデンスジャーナル』紙は昨年、各球団のエース級投手に故障者が続出した理由を、スプリットの多投にあると指摘した。

“七色の変化球”で活躍した大野豊氏も同意する。

「縦の変化は肘をうまく使わないといけないから、どうしても負担がかかります。それにボールの影響もあると思う。あまりボールの違いのせいにはしたくないが、メジャーのボールは日本の球より大きく重い上に滑りやすいので、日本で投げる以上に肘への負担がかかっているのではないか。

 僕もかつてアメリカの教育リーグでメジャーのボールを投げたことがあるが、大きさと滑り具合が気になって、非常に投げにくかった」

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダルの肘故障で「中4日vs中6日」論争 医学的違い証明されず
田中将大は米メディアで特A級扱い まい夫人報道は過熱気味
ヤクルトの館山 「トミー・ジョンTシャツ」を投手陣に配る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP