ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さま 充実キャンパスライフのため英語の勉強に励まれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ICU(国際基督教大学)ご入学まで、残り2週間となられた佳子さま(20才)。“美しすぎるプリンセス”を迎え入れるICU内では、すでに男子学生の間でファンクラブが結成されたという報道が出るほど、歓迎ムードが高まっている。佳子さまもさぞかし胸を躍らせていらっしゃることだろうと思いきや…。

「今佳子さまはご入学に向けて猛勉強に励まれているみたいですよ」(秋篠宮家関係者)

 そこまで勉学に勤しまれる理由をICU関係者がこう話す。

「ICUには1、2年時にELA(リベラルアーツ英語プログラム)という学生の英語力を向上させると同時に、ICUで効果的に学ぶための思考力と技術を養うための英語プログラムがあります。そのプログラムは英語力に応じて受ける授業が変わってくるんですが、そのクラス分けをするのが、入学式直後に行われるプレースメントテストなんです」

 このプレースメントテストの結果は、その後のキャンパスライフを左右するのだという。

「クラスによって1週間に受講する英語の授業のコマ数が変わってきます。いちばん上のクラスだと、授業は週5コマ程度なんですが、いちばん下のクラスだと10~12コマも取らなければなりません。コマ数が多ければ、必然的に他の授業が受けられなくなったりしてしまいます。

 また下のクラスになってしまうと予習復習だけで大変で、徹夜になってしまうことも多く、自分の時間が持てなくなってしまうんです。ですから、新入生はみんな、サークル活動など、充実したキャンパスライフを送るために、入学前に頑張ってテスト対策をするんです」(前出・ICU関係者)

 ご入学後、ダンスサークルへの入会を楽しみにされている佳子さまも、上位クラスに入られることを目標とされているようだ。そうなると気になるのは、佳子さまの英語力だ。学習院関係者はこう話す。

「学習院女子中等科時代、佳子さまは各クラスから数人が選ばれるスピーチコンテストに出場され、見事入賞されたそうです。佳子さまの英語は、発音がとてもきれいでスラスラしゃべられるのが印象的だったと聞いております」

 そんな佳子さまを支える女性の存在があった。

「佳子さまは家庭教師のA子さんに英語を習っているそうです。彼女は、眞子さま(23才)の家庭教師も務めていたかたで、眞子さまが姉のように慕い、悩み相談までされていたと聞いております。現在、佳子さまも週2回ほどA子さんのレッスンを受けて、リスニング、スピーキング、リーディングなどを徹底的に学ばれているようですよ」(前出・秋篠宮家関係者)

※女性セブン2015年4月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佳子さま中退で「皇族の学習院離れに危機感」と学習院関係者
パーティーで警備無用宣言の佳子さまに紀子さま不安募らせる
佳子さま「皇族としての自覚」を条件にダンスサークル解禁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。