ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタバをコンプリート!?旅先で集めたくなる自分へのお土産5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Erika Anne Nagaoke「【ニューヨーク】タイムズスクエアお土産はココで揃う‼お勧め3店舗☆

TRiPORTライターの林です。

「無料だけど侮れない!旅でもらえるお土産5選」の続編として、今回はコレクションにオススメのお土産を集めてみました。お菓子など、食べ物であればその土地で人気なものはパンフレットを見ればすぐわかりますが、「記念に何か買いたい!」という時に悩んでしまうことはありませんか?

そんなあなたに、簡単・お手頃・使えるの3拍子揃った「旅行に行ったら集めたくなるアイテムを5つ」ご紹介します!

1.雑誌

個人的にオススメなのが雑誌です。普段日本でも購入しているものがある人は、同年代向けのファッション誌が特にオススメ。文化や感性の違いを簡単に比較ができるので非常に面白いです。

全く知らないブランドが載っていたり、そもそも流行しているものが違ったり…。例えば、日本で見る雑誌にも入っている広告を見比べてみるだけでも、同じ企業(商品)のプロモーションであるはずなのに、まったく違ったデザインになっているなんてこともあるので、様々な発見があると思います。空港でも見つけやすく、ほとんどのものは1,000円以下で買うことができます。

KANA「【ニューヨーク女子旅】公園でヨガ・チェス・ランチ!ブライアントパークでの過ごし方

2.へんてこなボールペン

ネタの一つになりそうな少し変わったペンをコレクションしてみてはいかがでしょう? 例えば、ロンドンであればビッグ・ベン、シンガポールではマーライオン、台湾では「山蘇」という野菜など、雑貨屋や空港でも数えきれないほど様々なモチーフで売り出されています。

見た目を重視しているようなものが多いので書き心地はイマイチだったりもするのですが、それもご愛嬌。実用性よりユーモアのあるものを選んだ方が、国ごとの違いを楽しめると思います。

3.ポストカード

Chikako Murakami「イタリア6都市巡り-3-フィレンツェ

これはお土産の定番なのではないでしょうか? 1枚から手頃な価格で購入できるポストカードは、多くのお店で見かけることができるはずです。買って満足する人も多いですが、ワンランクアップを目指すのであれば現地のスタンプ(消印)をゲットすべく、自分に投函してみるという裏ワザもあります。

さらにオススメなのが、その土地の郵便局に行ってみること。ポストの形が新鮮だったり、変わったデザインの切手が売っていたりすることも。観光地以外でも、日常の中で新たな発見が得られるのが旅の魅力ですよね。

4.各国デザインのステッカーやワッペン

ステッカーはバックパックやスーツケースにすぐ貼り付けられるのが最大のメリット。その土地に足を踏み入れた証として集めている人も多いのではないでしょうか。

「いつでも買える」と思っている人もいるようですが、意外と国内だと手に入らないものだったりします。国旗のシールを世界地図に見立てたスーツケースに貼っていく…なんていう楽しみ方をしているおしゃれな旅人も見かけます。シールが増えるほど思い出も増えていくのでしょう!

5.スタバのデミタスカップ

世界中で大人気のスターバックスですが、各都市限定のデミタスカップが売られているのを知っていますか? 国ごとではなく都市によってデザインが違うので、例えば台湾だけでも「Taipei(台北)」「Kaohsiung(高雄)」「Taichung(台中)」「Tainan(台南)」と、様々な種類があるのです。

日々新たな都市のものが発売している状況だそうで、これをコンプリートするのはかなり大変そうですが、デザインが統一されていて飾りやすいので、気に入ったものだけいくつか集めてみるのもオススメです。

Yusuke Saito「バルでタパス食べまくって食い倒れ!噴水ショーに感激しすぎて頭がおかしくなりそうだった件。〜世界一周おふくろの味巡りの旅バルセロナ編〜

軽い気持ちで集め出してみると、意外にも止まらなくなってしまうものです。どこかへ旅に出たら、「これだけは買おう!」というものを一つ決めておく。それが旅の楽しさにもなり、無駄な衝動買いの防止にもつながるかもしれません。

捨てるのはモッタイナイ!海外から持ち帰りたい無料のお土産5選

(ライター:林 綾子)
Photo by: Chikako Murakami「イタリア6都市巡り-3-フィレンツェ

関連旅行記

*Erika Anne Nagaoke「【ニューヨーク】タイムズスクエアお土産はココで揃う‼お勧め3店舗☆
*KANA「【ニューヨーク女子旅】公園でヨガ・チェス・ランチ!ブライアントパークでの過ごし方
*Chikako Murakami「イタリア6都市巡り-3-フィレンツェ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP