ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嫌なものが消えて、大切なものを引き寄せる「4つの箱の法則」とは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 なぜかわからないけど、不安でモヤモヤしている。
 仕事にプライベートに一生懸命なのに、何だか満たされない…。
 ストレスがずっと消えずに残っている。

 こんなふうに、はっきりとした原因が思い当たらないまま、すっきりしない毎日を送っていませんか?
 それは、自分にとって必要でもなく、好きでもないものに囲まれてしまっているからです。これを「人生のガラクタ」と呼びます。
 そんな人生のガラクタを捨てて、好きで必要なものばかりを引き寄せることができれば、モヤモヤは晴れるはず!そこでオススメなのが、「4つの箱の法則」です。

 この法則は、いたってシンプル。あらゆる物事を、

・「LOVE(好き)」か「NO LOVE(好きでない)」
・「NEED(必要)」か「NO NEED(必要でない)」
 で仕分けするだけでOK。

 こうすることで、自分がほしいもの、いらないものが、はっきりします。おのずと、不安や嫌悪感の原因がはっきりしますから、何を求めればいいのかも、明らかになります。

・LOVE & NEEDのものが入る箱が「金の箱」
・LOVE & NO NEEDのものが入る箱が「銀の箱」
・NO LOVE & NEEDのものが入る箱が「灰の箱」
・NO LOVE & NO NEEDのものが入る箱が「黒の箱」
 と、4つの箱が存在するのが、この法則の名前の由来です。

 こんな画期的なメソッドをわかりやすく解説したのが『スッキリしない人生を整理する! 4つの箱の法則』(4つの箱普及委員会/著、アスコム/刊)。人間関係、仕事、日常生活、お金の使い方など、誰もが悩むシーンでの物事を、4つの箱に仕分けする方法を解説しています。

 非常に簡単な例ですが、例えば次のようにです。
<人間関係>
・金の箱:面倒見のいい上司
・銀の箱:学生時代からの友人
・灰の箱:マンションの管理人
・黒の箱:苦情の多い近所の人

<仕事(※多くの会社の営業部に当てはまる舞台を想定)>
・金の箱:販売企画の提案
・銀の箱:交流会の参加
・灰の箱:経費の精算
・黒の箱:定例会議

<出費>
・金の箱:美味しく体にいい食料代
・銀の箱:洋服代
・灰の箱:家賃
・黒の箱:付き合いの飲み代

 ただ、仕分けした段階では、嫌なもの、ないし大事なものが判明するだけです。
 幸せになるには、「金の箱」をいっぱいにし、「黒の箱」を空っぽにしなくてはいけません。「銀の箱」や「灰の箱」に入ったものは、「金の箱」に移すか、「黒の箱」に移して消し去るべきでしょう。本書では、そのための簡単な方法まで紹介しています。

 原因不明のことですっきりしない日々をやめて、楽しく充実した生活をしたいというのは誰もが願っていることでしょう。それを実現するために、本書はきっと役立ってくれるはずです。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
「あいつよりましだ」は思考停止のはじまり
合コンで嫌われる“名言”

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP