ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「誰だって1年あれば卓球のプロになれる!」あるコーチの実験で見えた驚異的成長スピード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「人は誰でも1年で卓球のトッププレーヤーになれる」これは、プロ卓球選手兼コーチであるSam Larcombe氏の持論だ。彼はこの自説を証明するために、初心者のSam Priestleyさんを1年間コーチングし、イギリス国内トップ250にランクインする選手に育て上げるという興味深いプロジェクトを行った。

このタイムラプス動画では、Priestleyさんの目覚ましい成長過程を観察することができる。

コーチング開始時はほぼ全くの素人だったPriestleyさん、だが2月(#44秒)の時点でかなり上達しており、4月(#1分23秒)くらいに明らかに動きの質が変化し、その後メキメキと腕を上げていって、11月(#3分41秒)には確かに素人目には完全にプロレベルである。元々ある程度素質があったのかもしれないが、それにしても見事な上達ぶりだ。

「1万時間練習すれば、どんな分野でも一流のスキルが身につけられる」とはよく言ったものだが、やはり物事に上達するコツは、日々継続すること、そして良きメンターを得ること、この2点に集約されると改めて実感させられるプロジェクトだ。

Reference:MashableYouTube

関連記事リンク(外部サイト)

船が浮いてる!?海上スポーツ「フォイルセーリング」が未来っぽくてカッコいい!
【Twitter騒然】右肘を負傷したはずのダルビッシュ選手が、ノックに登場! 「左投げ」がうますぎる・・・
タックルもアリ!トランポリン✖️バスケ「SLAM BALL」が激しすぎる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP