ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本でスマホ普及が海外のように進まぬ理由はiモードが原因

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まるでガラケーのような、しかし機能はスマホ並みの端末「ガラホ」が人気だ。2月20日にシャープが発売したガラホ「AQUOS K」は二つ折りタイプで、テンキーを中心としたボタン搭載。通信キャリアやメーカーがガラホに力を入れるのには別の理由もある。スマホ評論家の新田ヒカル氏がいう。

「キャリアとしてはガラホにユーザーが移行することで、ガラケーが使用してきた3G回線を停波し、4G回線やその上の世代の回線に注力できる。つまり、インフラ整備のコストが抑えられるのです。

 メーカーは、現在スマホ向けに流通しているパーツやソフトを流用することで製造コストを抑え、ガラケーよりも利益率を上げています」

 日本では約半数がガラケーユーザーである。海外ではシニア層もスマホが主流になっているのに、デジタル好き、新しいもの好きな日本人がそうならなかったことには理由がある。

 携帯電話事情に詳しい青森公立大学准教授の木暮祐一氏が解説する。

「海外の携帯電話はかつて、日本の携帯電話のように多機能ではなかった。そのため、スマホが登場すると爆発的に普及しました。

 一方で日本では1999年にi-modeが誕生し、メールもネットも不自由なくできるようになりました。したがってスマホが発売されても必要性を感じる人が少なかった。それがスマホの普及が海外のようには進まなかった原因です」

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
モバイル評論家「地方では圧倒的にガラケーが支持されてる」
「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘
「スマホ男性よりガラケー男性がモテる説」30代女性理由解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP