ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

よくできた嫁が同居言い出すも「韓流見られない」と義母難色

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 核家族化が進む中、息子一家と一緒に住むことになればそれは嬉しいことだが、石川県在住の58才妻は頑なに嫌がるのだという。一体なぜか。運送業に従事する62才の夫がその内情を説明する。

 * * *
 もとはといえば、うちの長男が結婚した子がすごくいい子で、「私、同居します」と言い出したことがコトの起こり。幸い、増改築を繰り返したわが家は6LDKある。「よぉーし、そうしよう」とオレと息子とお嫁さんで盛り上がったんだよ。

 ところがカミサンだけ、「この年で長年の習慣を変えろってことは、私に死ねと言ってるのと同じことよ」と、まあ、すごい剣幕。

“長年の習慣”というのは、オレを会社に見送ったら二度寝して、昼ごろ起き出してパジャマのまま、録画した韓流ドラマを見て、好きな時にご飯を食べること。それが息子夫婦と同居したらできなくなるから嫌だって、こう言うんだよ。

「それ、息子のお嫁さんにどう説明するの?」と聞いたら、「平気、平気」って。どうしたと思う?

 なんと嫁さんにいきなりだよ。「同居、同居って言うけどはっきり言ったら? この家を乗っ取りたいんでしょ?」と、こうだぜ。

 嫁は泣き出すし、息子は「こんな家、二度と来ない」と怒り出す。でもカミサンは「じゃ、そうして」と涼しい顔。こうしてカミサンは、“今までの習慣”を、今日もキチンと守ってる。

※女性セブン2015年3月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夫婦喧嘩で失踪妻 1週間後に日焼けして帰宅「亀見てきた」
嫁にFB友達申請を無視された姑 「私をバカにして!」と激怒
孫を溺愛の女性 食べたいものを与え続けて2日で3kg太らせる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP