ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少子化の今 リクルートがチャレンジする新たな教育ビジネス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大手情報サービス企業として、多くの事業を展開するリクルートホールディングス。その1社・リクルートマーケティングパートナーズ(以下、RMP)が、新事業として小学4年生~中学生向けのオンライン教育サービス『勉強サプリ』の提供を開始した。少子化の今、なぜ新たな学習ビジネスに参入するのか? 同社の勉強サプリグループ グループマネージャー・中野慧さんに話を聞いた。

「子供の数の減少によって教育マーケットの縮小は確かに進んでいますが、一方で地域格差や所得格差など、教育環境における“負”を抱える子供たちはまだまだ非常に多い。どうしても、地方に比べ都会の方がより良い教育サービスへのアクセス機会は多く、所得面も一般的に高い方が、良い塾へ通えるといった傾向があります。こうした格差を埋める優れたサービスであれば、購入していただけるユーザーはまだ数多くいると考え、『勉強サプリ』の提供をスタートしました」(中野さん)

 RMPは誰もが思う存分勉強できる機会を提供することを目的に、『勉強サプリ』に先駆け、2011年から高校生向けの『受験サプリ』を展開。質の高い講義動画や問題集など、豊富なコンテンツが月額980円の低価格で利用できることで人気を博し、わずか5年で全国の大学受験生の2人に1人にあたる、約30万人の利用者数を誇る。

 多彩な情報サービス事業で培ったオンラインビジネスのスキル、コンテンツ制作力や人脈、そして『受験サプリ』で蓄積したノウハウが、今回の小中学生向けサービスにも活かされている。しかし、教育市場においては後発となるRMPが競合に勝ち抜き、小中学生という新たなユーザーから、同様の高い支持を得ることは容易なことではない。その戦略やコンテンツの特色には、どういったものがあるのだろうか。

「小中学生とその保護者にとって、教育への不満にはどのようなものがあるかをひも解いていくと、“学習が続く”その結果、“成績が目に見える”ことに集約できるとわかりました。既に言い尽くされていながら、依然として解消されていないこの課題に真正面から取り組むことが、『勉強サプリ』開発のテーマだったのです」(中野さん)

 サービスのキーワードは 「わかる、はまる、あがる」。最後の「(成績が)あがる」はあくまで結果なので、開発は「わかる」と「はまる」に注力し、5つの特色にこだわったという。

「5つの特色のうち2つは“わかる”ためのこだわりです。1つ目は“基礎教育における先生の圧倒的な質”。文部科学省から教え方の賞を受賞している方や、大手の進学塾で何年も続けて最優秀講師賞を受賞している方など、小中学生の教育マーケットで話題となっている、質の高いカリスマ先生に授業をお願いしています。

 2つ目は“未来型授業”。情報が膨大となり、多様化する現代社会においては、解答は一つではなくなっています。21世紀社会を生き抜くためには、これまでの暗記する勉強から、多様な思考ができるリベラルアーツ的なスキルが重要。こうした未来型授業を行なえる先生方にも、授業を依頼しました」(中野さん)

 選りすぐりの講師陣の授業は、事前モニターとして『勉強サプリ』を利用した約800人のユーザーの93%から「わかりやすい」という評価を獲得している。

「残り3つは“はまる”ためのこだわりです。3つ目は“効率的にリズムよく理解”すること。『勉強サプリ』にテスト対策というサービスがあるんですが、テスト範囲を指定すると、“この単元の中であなたの苦手な部分はここだから、重点的に勉強してください”と教えてくれる。学ぶ側は“じゃあ、これとこれを勉強しよう!”とリズムよく勉強できます。これは活動ログをとって蓄積していくウェブサービスならではの機能です。

 4つ目は“ゲーミフィケーション”(ゲームの要素を含めること)。モニターの中には、初めから“勉強は嫌い!”という子たちがどうしてもいました。彼らが勉強に興味を持ち、継続していくための入口をゲームとしています。授業動画やドリルを解いていくとポイントが貯まり、それに応じてキャラクターが進化し、服の着せ替えも楽しめる。実際に試してもらったユーザーはゲームのあるなしで、ドリルを解く数に2倍の差が出ました」(中野さん)

 そして中野さんが最もこだわったのが、5つ目の特色である「親子のコミュニケーション」だ。

「僕は母子家庭で育ち、母が働きに出ていたため、勉強のことなどについて話し合う機会は少ない方でした。そうした経験から、学びや夢を親子で共有できたら、将来についてよりポジティブになれる可能性が高いのでは? という意識を強く持っていました。高校生であれば自主的に勉強に取り組むことができますが、小中学生にとっては親子の関係性が非常に重要。“親がほめてくれたから、もっとがんばろう!”と思う反面、“親に勉強しろと言われるから、勉強が嫌いになった”ということもよくあります。

『勉強サプリ』は、親がどれだけ具体的にほめてあげられるかにこだわりました。ほめるといっても曖昧なものではなく、“この単元のここをがんばって、解けるようになったね!”という具体性が大切。そのため、保護者向けに“今日ほめてあげるポイントはここ”という報告をするサービスや、子供にどう声をかけたらいいか、といったコンテンツも提供しています」(中野さん)

 質の高い講師陣による大量の講義動画や多様なコンテンツを備え、ログ解析によるフィードバックほか、サービス内容を考えると、提供価格が月額980円という点はコストパフォーマンスが高いと評判だ。そうした影響もあってか、同サービス開始から日が浅いものの、タイの日本人学校に子供を通わせている親から「ぜひ使わせたい!」との問い合わせを受けたり、人気ブログで「子供ができたら、塾よりこっちを使わせたい」といった書き込みがみられるなど、消費者からは早くも好評価を得ている。

「不得意な教科は戻って勉強する、得意な教科は先に進むなど、学年にこだわらず一人ひとりの力や意欲に合わせたフレキシブルな学びも、『勉強サプリ』なら可能です。今後もオンラインならではのメリットを最大限に活かし、ビッグデータを活用した最良のコンテンツの提供、より密接なコミュニケーションの拡大を目指していきます。“子供に教えられない”、“子供が何を勉強しているのか、わからないから塾に丸投げ……”ではなく、親子で学びの新しい繋がりを築いていくことで、未来を考えるきっかけを見つけていただけたら嬉しいですね」(中野さん)

 独自のコンセプトとこだわりを持ったオンライン教育サービス『勉強サプリ』が、少子化という環境の中、今後の教育マーケットにどう影響を与えるか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
JAL稲盛和夫氏「コスト削減徹底もサービスの質は下げるな」
国内新車は軽が4割 スズキ「史上最強の軽」に高まる期待感
コスパの高いビジネスホテル 評論家が勧める全国33施設紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP