ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国6人組新人ボーイズグループHALO(ヘイロー)日本初ステージで日本デビューを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年、韓国でデビューした6人組の新人ボーイズグループHALO(ヘイロー)が、3月13日に大阪のIMPホール、14日に東京の原宿クエストホールで「HALO 1st SHOWCASE in JAPAN 2015」を開催した。

「ナムチンドル(彼氏にしたいアイドル)」として人気の彼らは韓国のファンカフェ会員数が1万人を突破し、日本のファンからの期待も大きい。グループ名「HALO」とは、英語で“後光”という意味を持ち、“Hexagon of Absolute Light and the Organization”(6人のメンバー集まった時、自ら輝く)という意味を込めて名付けられた。

東京公演のチケットは即完売し、大阪公演は追加決定という形で開催。初めてファンを目の前にしたメンバーは、緊張感と高揚感の中ステージに向かった。最初に披露した曲は、彼らの韓国での2ndシングルアルバムより「Hello HALO」。彼らのイメージにぴったりのさわやかな曲で挨拶をすると、続けて韓国でのデビュー曲「FEVER」を披露。その名の通り観客の熱気も高まり、最新曲「SURPRISE」までとだえることなく声援が飛び交った。

公演中盤に行われた「HALOの素顔、徹底解剖!」のコーナーでは、最年長のディノがボケ担当ということも判明。愉快なトークとメンバー自身も知らない隠れた部分まで知ることができ、彼らの素顔を垣間見ることができた。さらに、初めての日本でのステージをHALOVE(ヘイブ:HALOのファンの呼び名)と共有し、HALOをいつも近くで感じていてほしいというメンバーの思いから、フォトセッションタイムを開催。客席がカメラマンとなり、HALOの記念すべき初のステージを撮影した。

そして、公演終盤には、リーダーのオウンから「この夏、僕たちの日本デビューが決まりました!」と彼らの日本デビューが発表された。

HALO ジャパン・オフィシャルサイト
http://www.halo-official.info/
※プレオープンとなります。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP