ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KAT-TUN「KISS KISS KISS」ビルボード総合首位、レミオロメン「3月9日」が8位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫
KAT-TUN「KISS KISS KISS」ビルボード総合首位、レミオロメン「3月9日」が8位に

 亀梨和也が主演するテレ朝系ドラマ『セカンド・ラブ』主題歌、KAT-TUN「KISS KISS KISS」が、エアプレイ68位、セールス1位、ルックアップ3位、ツイート3位と、3形態でリリースされたセールス・ポイントを守り、総合Billboard JAPAN Hot100首位を獲得した。先週7位から2位に返り咲きを果たした東方神起は、コア・ファンが牽引するツイート数で盛り返し、エアプレイ32位、セールス18位、ダウンロード95位、ルックアップ19位、ツイート1位と他指標でも強さを発揮している。

 10年前にリリースされた、レミオロメン「3月9日」が総合8位にジャンプ・アップした。昨年もツイートとエアプレイが同時期にチャート・インしていたが、今年はダウンロードでもポイントを伸ばし、エアプレイ5位、ダウンロード9位、ツイート2位となり、永くファンに愛される曲として定着した感がある。

 今月末にリリースを控えるサザンオールスターズのアルバムから2曲がダウンロード先行するなど、し烈な争いが繰り広げられるダウンロード指標で今週1位に立ったのはwhiteeeen「愛唄~since 2007~」。これは現在公開中の映画『ストロボ・エッジ』主題歌で、GReeeeN「愛唄」のカバー曲。素顔を公開しない4人組の10代女子ボーカル・ユニットとして、YouTubeからMVが拡散、ダウンロードに直結した形となった。この結果がフィジカル2指標にフィードバックしてロングヒットに繋がるか、次週の結果に注目だ。

◎【Billboard JAPAN Hot100】トップ20

1位「KISS KISS KISS」KAT-TUN
2位「サクラミチ」東方神起
3位「Your Number」SHINee
4位「青春賦」ももいろクローバーZ
5位「やっちゃった!!」舞祭組
6位「Green Flash」AKB48
7位「Sakura」嵐
8位「3月9日」レミオロメン
9位「愛唄~since 2007~」whiteeeen
10位「あなたに恋をしてみました」chay
11位「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」メーガン・トレイナー
12位「もんだいガール」きゃりーぱみゅぱみゅ
13位「アロエ」サザンオールスターズ
14位「あったかいんだからぁ♪」クマムシ
15位「イヤな事だらけの世の中で」サザンオールスターズ
16位「Dragon Night」SEKAI NO OWARI
17位「情熱の花」EXILE
18位「リヴィング・フォー・ラヴ」マドンナ
19位「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」マーク・ロンソン
20位「360°」miwa
(100位までの全順位は下記リンクにて

関連記事リンク(外部サイト)

3月23日付 Billboard JAPAN Hot100
indigo la End、ツアーファイナルで新メンバー加入を発表、川谷絵音「これからは4人でindigo la End」
geek sleep sheep 新曲「kaleidoscope」配信開始&MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。