ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅でも会社でも!スピーカーとプロジェクターが1つにドッキングした「Flicks」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽愛好家の中には、タブレットやスマートフォンよりも、音質のよいラジカセや専用のスピーカーで音楽を楽しみたい人もいるだろう。しかも新しいガジェットに目がない……そんなあなたには、Dashbonが開発している「Flicks」がおすすめだ。

・スピーカーとプロジェクターがドッキング!

現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを開催している「Flicks」は、いわゆるただのスピーカーではない。Bluetooth通信機能付きのスピーカーと、LEDのプロジェクターが1つにドッキングした多機能なガジェットなのだ。

ユーザーは、スマートフォンやタブレットを通じて、好きな音楽をスピーカーから流すこともできるし、Roku、Google Chromecast、Amazon Fire TV Stickなどのストリーミングメディア用デバイスを使って、動画や映画を観ることもできるという。またHDMIを経由して、スマートフォンやタブレットから動画を映すことも可能だ。

・USBポートも搭載

先述したように、「Flicks」にはプロジェクターの機能があり、2.4メートルほど先に、およそ2.5メートル幅の大きさで映像を映し出す。デバイスは再充電可能なバッテリーで動作し、USBポートが搭載されているので、スマートフォンやタブレットの充電にも使える。スピーカーフォン機能もあるので、ハンズフリーでテレビ電話をすることも可能だ。

・持ち運びラクラク、アウトドアにも!

ユーザーは自宅で、料理を作りながら好きな音楽を聴いたり、友人が来たときに、一緒に映画を楽しんだりできる。このガジェットにはハンドルが付いているので、持ち運ぶのにも便利で、ピクニックやアウトドアのお供にもピッタリ。またオフィスでは、プレゼンテーションやテレビ会議などで活躍してくれそうだ。

・2つのバージョンを展開 すでに目標額の2倍超え

「Flicks」には2タイプのバージョンが用意されており、28時間の音楽再生、4時間の動画再生が可能な「Flicks」と、その2倍の連続使用が可能な「Flicks Range」がある。ニーズに合わせて選べそうだ。

すでに、目標額5万ドルの倍となる10万ドルを集めている「Flicks」。早期予約価格は449ドル~となっていて、順調にいけば提供開始は5月を予定している。

Flicks

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP