ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆで卵好き板東英二氏 高コレステロールの濡れ衣が晴れ喜ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康診断で誰もが気にする数値の“常識”に疑義を呈した週刊ポストの「総コレステロール250mg/dlまで健康体」報道は大きな反響を呼んでいる。

 米国では1日300mgまでとされていた摂取制限には科学的根拠がないとして今春、撤廃される見込みとなった。厚労省も昨年、食事制限基準から目標値を削除。臨床医を中心とする日本の学会だけが鶏卵1個(コレステロール含有量252mg)の摂取すら許さない厳しい基準を設けている。

 著書『盲導犬クイールの一生』(文藝春秋刊)が映画化されベストセラーとなった著述家・編集者の石黒謙吾氏は昨年受けた健康診断で、総コレステロールが259mg/dl、LDLが173mg/dlという結果だった。学会基準値でいえば「アウト」となる数値だ。
 
「ポストの記事を読んで、なるほど! と思いましたよ。何に対してでも薬はできる限り飲まずに健康管理するよう心がけてきましたが、基準値そのものを疑う発想はなかった。『LDLが基準値を超えている。このままでは血管が堰き止められる』と医師に説明されると、客観的な証拠を示されたものと理解していました。
 
 体に痛みや悪い症状がないのに数値に踊らされて薬漬けになるなんてバカなことです。数字だけを見るのは危険だと指摘したポストの視点は非常に重要だと感じました」

 摂取制限に意味がないとする最新の知見も衝撃的だった。石黒氏が続ける。

「大好物の卵のコレステロール含有量が多いと聞いて、昨年から食べないようにしていました。それが、体外から摂取されるのはコレステロールの2割に過ぎないとわかり、ホッとしています。ストレスから解放された気分です」

 同様に喜びの声をあげるのは、ゆで卵好きで知られるタレントの板東英二氏だ。

「僕が子供の頃は貧乏で卵なんて食べられなくてね。農家の息子さんたちが運動会の弁当で卵を食べているのがうらやましかった。だからプロ野球選手になってから卵は毎日欠かさず食べました。ドラゴンズの寮では朝の味噌汁に2個入れてくれるんです。

 タレントになってからも新幹線の車内で味付けゆで玉子3個セットを2組買って、大阪から京都までで3個食べ、その後ゆっくりと東京までの間に3個食べる。コレステロールが高いから注意しろといわれましたが、最新の研究で卵が悪者というのは誤解だとわかったんですよね? 良かったです」

 板東氏は卵を何十年と食べ続けてきたが、低下剤などを服用することもなく74歳でなお健康体だ。

「イギリスのサッチャー元首相は卵を毎日2個食べて87歳まで長生きしました。健康のためには運動習慣のほうが大事でしょう。卵は今でも冷蔵庫に必ず12個入れてあって、毎日2個ずつ白身だけで卵焼きを作って醤油をかけて食べています。黄身はお腹いっぱいになるから、卵をたくさん食べるためにそうしている。とにかく卵の濡れ衣が晴れたのが嬉しい」(板東氏)

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「70歳超のコレステロールは下げてはいけない」と米医療協会
コレステロールや中性脂肪の基準値 欧米より桁違いに厳しい
コレステロール基準値「実は低い値のほうが要注意」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP