ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何もかもが“ヤバ近い”新CM!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「とりあえずビール」の座を「とりあえずチューハイ!」で奪おうとするキリン チューハイ事業部の“謀反”を描いた「キリンチューハイ ビターズ」のTVCM。遠藤憲一さん扮するビール事業部の部長と、その部下・小池栄子さんや濱田岳さんとのやり取りは、読者にとっても、すでにおなじみかも。

【動画や画像を見る】

さて、そんなシリーズ最新作は、とにかく“近い”、顔のアップが印象的な作品。登場するのは前述の3人。なにやら深刻な表情で、文字通り、「額を寄せ合う」彼らの距離は…なんだか異常に“近い”! で、そんな3人が何を話しているのかというと、チューハイ事業部が新たに発売する「キリンチューハイ ビターズ クワトロ」について。こちらの注目ポイントは、アルコール分が4%であること。「ほろにがいので色々な食事に合う」という特長に加え、アルコール分をビールと同程度にすることで、ますますビールに“近い”チューハイが誕生したということらしい。

「キリン ビターズ クワトロ」の登場によって、かつて不動のポジションであった一杯目の座がさらに危うくなったビールと、ビール事業部の面々。チューハイ事業部の画策は、さらに春ならではの“あの宴会”にも及んで…と、気になる続きはぜひ動画で確認を! 今後の展開も気になるところだが、「ビターズ」WEBサイトではこれまでのストーリーをまとめて見ることもできるので、そちらもあわせてチェックしてみてほしい。


(R25編集部)

何もかもが“ヤバ近い”新CM!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。