ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『駆込み女と駆出し男』完成披露試写会レポート、戸田恵梨香が大泉洋の顔に大爆笑「こっち見ないで下さい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『駆込み女と駆出し男』完成披露試写会レポート、戸田恵梨香が大泉洋の顔に大爆笑「こっち見ないで下さい」

 大泉洋、戸田恵梨香が出演する映画『駆込み女と駆出し男』の完成披露試写会が3月17日(火)に東京・丸の内ピカデリーで開催。出演した俳優陣らが登壇し、映画にまつわるエピソードを語った。

 映画『駆込み女と駆出し男』は井上ひさしによる時代小説『東慶寺花だより』を原案に原田眞人監督が、初の時代劇に挑戦。江戸時代後期の駆け込み寺を舞台に、離縁調停人が男ろ女のもつれた愛の糸を解きほぐし、ワケあり女たちの人生再出発を手助けするエンタテインメント作品。この日の完成披露試写会には大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、神野三鈴、堤真一、原田眞人監督が登壇。

 大泉洋は「高い所から失礼します!私が出演した映画の完成披露にしては、天気が良くて、大概雨が降ったり、台風がきたりするんですが、…天気が良いというだけで充分でございます。」と一笑い取った後、戸田恵梨香は「初めての時代劇だったんですけど、楽しんで撮影できました。今までにないような時代劇になってます。」と作品の出来に自信を見せた。

 初の映画出演となった神野三鈴は「夢の映画出演を果たすことができました。舞台挨拶も初めてで、堤さんに“どうしたいいの?”と聞いたら“ただ立っとけ”と言われましたので、頑張ります(笑)」と語ると堤真一は「神野さんにそんな冷たい言い方はしてませんっ!もう少し優しかったです(笑)」と突っ込みを入れる場面も。

 映画が完成し、観てもらえる事について今の気持ちを問われた大泉洋は「いよいよ観てもらえるということで、嬉しくもあるんですけど、我々の下から離れていくようで、淋しくもるのもですから…心の中では集まってもらいましたけど、帰ってもらってもいいんじゃないかなと(笑)ここにいらっしゃた皆さんにはこの映画がいかに素晴らしかったかを伝えてもらわないと!」と作品への愛を語った。

 大泉と初共演だった堤真一は共演した際のエピソードを問われるも「1シーンだけだったんで、エピソードも何もないですね(笑)」と答え、大泉から「それ樹木希林さんも同じこと仰ってましたよ!結構あるでしょ?1日朝から夜中まで撮ってましたから!」と笑わせる。堤も「寒い中、水掛けたりヒドイ事して、他の俳優さんだと“申し訳ないなぁ”と思うけど、大泉君にはまったく思わなかった!」と語り、「大泉さんをいじめると、申し訳ないという気持ちより、楽しくなってくる(笑)」と初共演ながら遠慮のない関係性で撮影が進んだことを明かした。

 映画についての撮影秘話などが明かされる中、“離縁”がテーマとなっている本作とあって、苦手な男性について問われた戸田恵梨香だったが、「女性に手を上げる男性は許しがたいと」と答え、好感の持てる男性についても問われ、大泉の顔を見ると突然大爆笑。「ちょっと見ないでくださいよ(笑)」と笑いが止まらない様子に大泉は「僕の顔見ると笑っちゃうらしいんですよ。主演に対して“見ないで下さい”って失礼な…」としながらも、引き続き笑いが収まる気配の無い戸田に「完成披露だぞ、聞かれたことに答えなさい!」と呆れ、質問を内山理名に移した。内山も「戸田さん撮影中、ハマると結構長いです。涙を拭いてる所を何度も見ました」とフォローした。

 最後に大泉は「何だかおかしな舞台あいさつになってしまいましたが、映画は骨太で重厚感がある作品になってます。皆様、宜しくお願いします。」と締めくくった。映画『駆込み女と駆出し男』は5月16日(土)より全国ロードショー。

◎映画公開情報
『駆込み女と駆出し男』
2015年5月16日(土)全国ロードショー
info:http://kakekomi-movie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

ゴールデンボンバーが『ワイスピ』最新作に吹替出演、全身全霊のガヤ収録に報道陣大爆笑
ももいろクローバーZ、全国127館を巡る舞台挨拶フィナーレ!と思いきや、まさかのサプライズが…
ウィルコ・ジョンソン、ドキュメンタリー映画のトレーラー映像公開&SXSWにてプレミア上映

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。