ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Playストアに新しいレーティングシステムとスタッフによるアプリの審査システムを導入すると発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 3 月 17 日(現地時間)、Google Play ストアにコンテンツレーティングシステムと Google スタッフによるアプリの公開前審査を行う仕組みを新たに導入することを発表しました。新しいレーティングシステムは、世界の国あるいは地域で標準となっているレーティングシステム(国際年齢レーティング連盟とその加盟団体など)に準拠する形で適用され、Android 向けアプリやゲームに年齢に基づくレーティングが割り当てられることになります。アプリの提供者は今後、デベロッパーコンソールでコンテンツレーティングに関するアンケートに回答し、アプリごとに適切なレーティングを取得する必要があります。ユーザーにおいては、Google Play ストアに各地域に応じたレーティングが上部に表示されるようになり、ユーザーの年齢によってアプリの表示が変わるようになります。2 点目のアプリのレビュープロセスの変更については、Google は開発者ポリシーの違反を調査する専門のチームを結成し、アプリの提供者がデベロッパーコンソールにアプリをアップロードすると審査されるようになります。審査は数時間で完了すると言われています。Google は開発者が迅速にマイナーなポリシー違反等を修正できるよう、デベロッパーコンソールを改良して審査の透明性を確保するように努めると約束しています。コンテンツレーティングシステムは “今後数週間” に適用されます。Source : Android Developers Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、メタルボディでスリムな新型Androidタブレット「Galaxy Tab A」 8インチ/9.7インチモデルを発表、画面比4:3を採用
香港版Xperia ZシリーズのAndroid 5.0アップデートは3月下旬
あの“Aakash”タブレットを開発した英DataWindが3,800円からの超低価格Androidスマートフォン「PocketSurfer」シリーズをインドで発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。