ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンキーで絵文字が入力できる、専用キーボードカバー登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メールやテキストメッセージで、言葉では表現しがたい微妙な感情を伝えたり、ちょっとしたアクセントを加えたりするのに役立つ絵文字。日本発のこの表現手法は、いまや「Emoji」として世界で広く使われている。

その絵文字をMacで入力しやすくするキーボードカバーが資金調達サイトKickstarterに登場した。その名も「Emoji Keyboard」だ。

・専用ソフトウェアとセットで

Emoji Keyboardは、シリコン製のキーボードカバーとソフトウェアのセット。カバーの上には絵文字アイコンが描かれていて、Macのキーボードに被せて使う。

ソフトウェアをイストールしてキーボードにカバーを被せ、「caps lock」キーを押すと絵文字入力が可能になる。普通のキーボードとして使いながら、絵文字を入力したいときはワンキーでオンにできるという仕組みだ。

・150の絵文字が入力できる

カバーの各キーの上に1つずつ絵文字が描かれているが、シフトキーやコントロールキーなどとの組み合わせで150もの絵文字が入力できる。

とにかく絵文字をよく使う!というMacユーザーにとって便利なこのグッズ、現在Kickstarterでキャンペーンを展開中(15ドルから)だが、残念ながら米国内へのみの発送となっている。

意外にもこのキーボードカバーを開発したのは、カルフォルニアのスタートアップ。絵文字文化の浸透を感じさせる。

Emoji Keyboard/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP