ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タモリ&小田和正、柴咲コウ&黒木瞳 かつては共演NGも和解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 改編期のテレビ局でキャスティングの際に参考にするのが、局が自主的に作成した「共演NGリスト」。過去の交際歴や確執など様々な事情からNGになる人たちがいる一方で、長らくNGリスト入りしながら“和解”に至るケースもある。

 3月3日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、さまぁ~ずの三村マサカズ(47)がヒロミ(50)と共演NGだったことを告白して話題を集めた。2人は昨年3月の『笑っていいとも!』最終回で10年以上に及んだ共演NGにピリオドを打ったという。

「タモリ(69)と小田和正(67)もそうです。過去、タモリの『フォークソングは好きじゃない』という発言から不仲になった2人が、2月にフジのショーパン(生野陽子アナ)の結婚式で握手したんです。これから2人の共演は目玉になるでしょうね」(芸能関係者)

 柴咲コウ(33)と黒木瞳(54)も“和解”した2人。放映中のドラマ『〇〇妻』(日本テレビ系)では複雑な母娘関係を好演している。

「2003年の『GOOD LUCK!!』(TBS系)で共演した時に何らかのトラブルがあったらしく、それ以来NGといわれてきました。業界内では『いつの間にOKになってたの?』と驚きの声が上がりました。この2人のように、どこかの局が先陣を切ってくれれば追随できる。ヒロミと三村の和解が注目されたように、番組の話題づくりにもなりますからね」(テレビ局関係者)

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
テレビ改編 共演NGリストもとに出演者選択で局員は胃が痛い
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
ドラマ共演NGリスト 番組制作側からの「配慮」により作られる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。