ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでSF!脳から脳へ直接思考を伝える“未来型コミュニケーション”技術が開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Brain-to-Brain

思ったことを、言葉にせずともそのまま伝えられる。そんな夢のような技術が開発されようとしている。

・脳から脳へ、直接コミュニケーション

コンピューターの力を借り、言語の壁を越えて頭に浮かんだ思考やアイデア、指示を直接相手の脳に送る。そんなSFのような技術を、Chantel Prat氏らが所属するワシントン大学のチームが研究しているという。

ある人がコンピューターを通じて、0.8キロメートルほど離れた場所にいる相手の手の動きをコントロールするという研究だ。2013年にこのプロジェクト初のデモンストレーションがおこなわれたが、以降も研究が続けられ、より正確で、現実世界に則した技術になるよう、開発が進められている。

・実験では脳波を測定するヘルメットを使用

実験の仕方はこうだ。まず一方の人が、脳波を検出するセンサーが搭載された“脳波測定ヘルメット”を頭に着用する。脳波はコンピューターによって送信、解析され、もう一方の相手側に電気信号が届けられる。

相手側は、“経頭蓋磁気刺激”のコイルが設置されたスイミングキャップを着用しており、このコイルは、手の動きを統括する脳のエリア付近に設置されている。テストでは、第1の人が手を動かそうと思考すると、脳波が第2の人に送信され、その相手側の手が動くというものだ。

・送信側の思考を、離れた場所にいる受信側がキャッチ

Brain-to-Brain2

送信側の目の前にはゲームの画面が配置されている。このゲームの内容は、海賊船に包囲された町で、プレイヤーは大砲からの攻撃を防ぐというもの。しかし実験では、ゲームのコントローラーに触れることは許可されておらず、大砲について考えることしかできない。

一方、離れた場所にいる受け手側は、部屋の中で着席しており、右手には大砲を制御できるタッチパッドコントローラーが置かれている。もし、脳から脳へと直接指令を送る実験が成功していたなら、受信側の手が動き、タッチパッドを操作する、という流れだ。

・誤解なく、直接アイデアを伝えることも可能に

すべての送信、受信ペアが必ずしも成功したわけではなく、正確さも25~83%と幅がある。とはいうものの、もし改良が進められ、世間に普及するようになれば、“有能な学者ではあるが、よい先生ではない”ような知識ある人が、直接、生徒の脳に思考やアイデアを送ることで、相手とコミュニケーションをし、ダイレクトに理解してもらうようなことが可能になる。勘違いや誤った解釈が起こる懸念はなくなるはずだ。

まだまだ実用化には時間がかかるだろうが、もし、この夢のある技術が実現したなら、世界は大きく変わることだろう。

University of Washington brain-to-brain interface

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。