ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi、今度は走行フォームを分析できるスマートランニングシューズを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の小米科技(Xiaomi)が、今度は “スマートランニングシューズ” を開発していると Reuters が報じました。MiBand に続く新しいウェアラブルデバイスになるようです。報道によると、Xiaomi はスマートランニングシューズの開発にあたって現地のフットウェアメーカー Li Ning と提携済みで、スマートランニングシューズを今年中に発売する計画とのことです。注目されるスマートランニングシューズの中身については、センサーを搭載したスマート機器がシューズのソールに内蔵されており、Xiaomi 製スマートフォンと連動し、ランニング中の運動データをリアルタイムで確認したり、ワークアウトのサマリーを表示することはもちろん、ランニング中のフォームを分析してランナーにアドバイスを提供する機能もあると伝えられています。Source : Reuters


(juggly.cn)記事関連リンク
McAfee(Intel Security)がAndroid用節電アプリ「Battery Optimizer」をリリース
IIJ、みおふぉんの「ファミリー通話割引と通話料が半額になる「みおふぉんダイヤル」アプリを4月1日に提供開始
ゴールドウィン、スマートフォンやノートPCの収納に適したThe North Faceブランドのビジネスバッグ「Bite Lite」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP