ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

McAfee(Intel Security)がAndroid用節電アプリ「Battery Optimizer」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

McAfee(Intel Security)が Android 用の節電アプリ「Battery Optimizer」を Google Play ストアにリリースしました。アプリは無料でダウンロードできます。対応機種は Android 2.3 以上を搭載した端末(Intel プロセッサ以外の端末にも対応しています)。Battery Optimizer は Android 端末の機能を無効にしたり、制限するすることでバッテリーの消費量を削減するアプリです。よくあるタイプの節電アプリですね。基本的にはトップ画面に表示される「Extend」ボタンをタップするだけで節電およびバックグラウンドアプリの停止が行われ、メニューの「Extend Manually」でロケーション機能や NFC などを手動で無効にできます。ボタン操作による適用・解除のほか、設定したバッテリー残量を下回ると自動的に「Extend」操作を行い延命を図ってくれたりします。「Battery Optimizer」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomi、今度は走行フォームを分析できるスマートランニングシューズを開発
IIJ、みおふぉんの「ファミリー通話割引と通話料が半額になる「みおふぉんダイヤル」アプリを4月1日に提供開始
ゴールドウィン、スマートフォンやノートPCの収納に適したThe North Faceブランドのビジネスバッグ「Bite Lite」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。