ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

必見!!もう迷わない、格安SIMの選び方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

盛り上がりと共に選択肢がどんどん増え、初心者からすると「どれを選んでいいか分からない」迷子状態になってしまう格安SIM業界。

また、料金・サービス競争も激化していますので、自分に合ったベストの格安SIMが数日で入れ替わることが多いのもハードルを上げている要因じゃないでしょうか。

今回は料金を細かく紹介するのではなく、格安SIMを検討している方にざっくりと概要をイメージして頂いて比較がスムーズに行くようにまとめていきたいと思います。
格安SIMって?安さの理由ってなんだろう
格安SIMはドコモやauなどの大手電話会社の電波をレンタルし、それを契約者に貸し出しています。

大手携帯会社をMNOと言いますが、そこからレンタルし、自分たちではアンテナを持たずバーチャルで携帯会社をやっているからMVNO(仮想移動体サービス事業者)と言います。

通信速度・通信容量に制限をかけたり、手続きをWEBだけに限定したりと徹底したコストカットを行い、格安SIMを実現しています。

※MVNOの中でもコスト勝負をしていない会社・プランがあるので、本来であればMVNO≠格安SIMですが、当記事では一般的に認知度が高い格安SIMという表現を使っています

大手携帯会社でスマホを契約すると、およそ6〜8千円の月額料金をさまよいますが、格安SIMの中で音声通話に対応したものでも2〜4千円で使えるものが多いです。

しかしながら、色々なものがコストカットされているので、「壊れた時の修理はどうするの??」「高速で使える通信量が少ない」などのデメリットも発生するので、契約前には細かく確認しないと後で困る可能性も十分にあります。

安いからといって格安SIMに飛びつくのではなく、契約するときには事前の情報収集が何よりも大事です。

まずはドコモ系かau系を選ぼう!!
様々な種類がある格安SIMですが、大きく分類するとドコモの電波を借りている格安SIMとauの電波を借りている格安SIMの2種類です。

分類代表的な
サービス取扱い
MVNO対応SIMフリー
スマホの種類
ドコモ系 OCN、
IIJmio、
b-mobile、
U-mobile 多い 多い
価格もピンきり
au系 mineo、
UQ mobile ※現在
2社のみ 少ない
現時点では安価

ドコモ系は格安SIM会社も、使えるスマホもかなり種類が豊富なのが特徴。
スマホに関しては、ほぼ全てのドコモスマホがそのまま使えますし、格安SIMサービスの事業者が独自で提供する機種も豊富。SIMフリースマホとの電波の相性はバッチリです。
スマホの性能に応じて、本体の価格は1万円代から5万円代以上とバラエティに富んでいます。

対してau系は格安SIM会社も現在2社。auのスマホも使うことができますが、サービスの特性上LTEに対応したものしかデータ通信を利用することができません。また、格安SIM会社が独自で提供する機種も少なく、SIMフリースマホと電波の相性があまり良くないので、実用的に使える数はかなり限られます。

しかしながら、auのスマホは中古市場での価格がドコモのスマホに比べるとかなり安く、オークションや白ロムショップでお得に購入できる可能性が高くなっています。

au系の格安SIMは「mineo」と「UQ mobile」の2社しかないのですが、逆にいうと「選ぶ時に悩まなくていい」と、言えるかもしれませんね。

プランを選ぶ時のポイント
続いてはプランを選ぶ際の「容量」を確認しましょう。

1GB、2GB、3GBと記載がありますが、コチラは「高速で通信ができる通信量」の表記です。

指定した容量を超えると、通信速度が大幅に遅くなります。

これに関しては、「牛丼屋で並盛りにするのか、大盛りにするのか、小盛りにするのか」と言った感じで、使いたい量を適切にチョイスすることが大事です。

現在スマホをご利用の方は、設定画面から見ることができます。

Androidは設定→データ使用から使用量を確認することができます

確認できない方、スマホを初めて使う方は、自分がどのくらい使うのかイメージがしにくいと思います。一つの目安として「動画をよく見る」や「自宅にWi-Fiがあるか」など、使い方や自宅の通信環境によって大雑把に分けられるのではないでしょうか。

 

自宅に
Wi-Fiがある 自宅に
Wi-Fiがない
動画を
よく見る 2GB 5GB〜
動画を
あまり見ない 1GB 2GB

※上記の表はあくまで目安で、極端な使い方をすると変動します

一部の例外を除き格安SIM会社の殆どは、設定した通信量を月単位での変更ができます。とりあえず使ってみて、後から量を増やしたり減らしたりしてもいいかもしれません。

格安SIMは「下調べ」と「決断」が大事かもしれません
毎日の様に新しい情報がでてくる格安SIMは、下調べをして十分比較しながらも、「今だ!!」とスパっと決断することが大事かもしれません。そうしないといつまでも待つことになりそうですからね。

と、同時に中古スマホの価格などもチェックし、気になるスマホと使える格安SIM会社をあわせて検討するのもお忘れなく。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP