ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【パンケーキ好き必見】手書きのオリジナルパンケーキを“出力”する製造マシン登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フルーツやクリームを美しく盛り合わせ、女性に人気のあるパンケーキ。思い浮かべるだけで幸せな気持ちになる人もいるかもしれない。パンケーキは、子どもから大人まで幅広く愛されているが、ついにそんなパンケーキを自宅でカスタマイズして作れるマシンが登場した。

・手書きでも好きな画像でも!お好きなパンケーキに

「PancakeBot」という、その名の通りパンケーキを製造するマシンだ。オリジナル版に改良を加え、完成したのがバージョン2.0。専用のソフトウェアアプリケーションと連動して動作する点が大きなポイント。

ユーザーはオリジナルデザインのパンケーキを“出力”することができる。子どもの落書きのような“手書き”でもよいし、好きな画像をアップロードしてもよい。デザインデータはSDカード内に保存される。1度データを保存しておけば、以後同じデザインで再びパンケーキを作りたいときにもすぐ呼び出せるので便利。

・専用ソフトウェアがコントロール

ソフトウェアのプログラムが、アップされたデータの全てのラインを読み取り、それ元にして、プレート上にパンケーキの衣を噴出していく。“圧縮空気”と“真空”を組み合わせることで、衣を排出する仕組み。制御機能に更なる改良が施されていて、どのラインから先に描くか、どれくらいの速さで衣を排出して成型をするのか、パンケーキの粘度を調整することができるという。

・CADの知識不要、誰でも楽しく作れる!

“エッフェル塔型のパンケーキ”を作るのも夢ではないのだ。子どもが自分で描いた絵をパンケーキに成型したり、企業やチームのロゴをパンケーキにしたり。このマシンを使えば、CADの知識がなくても誰でも自由に楽しく、オリジナルのパンケーキを作成できるようになる。「作って、食べられる」楽しい体験に、きっと胸躍ることだろう。

・目標額5万ドルの3倍超えを達成

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、目標額5万ドルを大幅に上回る18万ドル以上の資金を集めている。市場価格は299ドルとなる予定だが、早期購入者は半額程度で入手できる見込みだ。

PancakeBot

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP