体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今話題の「食欲コンサルタント」直伝!食べたい気持ちをコントロールする6つの方法

eye_control-for-appetite02

現代人は、ストレスのせいで、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」がくもってしまっています。そのせいで、本当はビタミンが足りないのに、何が必要なのかわからず、「何か食べたい」というサインを出しつづけます。

すると、あれこれ食べて、ようやくビタミンに行き当たるか、「これ以上は食べられない」という状態になるまで、暴飲暴食をしてしまうことになるのです。

control for appetite

でも、暴飲暴食をしてしまったからといって、落ち込む必要はありません。「食欲コントロール」さえ実践していれば、いつだって、何度だって、取り返すことができるのです。

今回は食欲コントロール法の具体的なやり方と、「なぜ、この方法ならうまくいくのか?」を説明します。

 食欲をコントロールするための
「方程式」とは?

食欲は、「運動」と「食」の組み合わせによって、簡単にコントロールできる。そのために知ってほしいのが、食欲をコントロールするための方程式があるということ。

食欲コントロールの方程式=(20分以上の体全体が汗ばむ運動+正しい食事を続けて2食)×3セット

「正しい食事」とは、運動や生活で失った栄養素を含む、適切な質・量がそろった食事のこと。この食事を必ず2食続けて食べる。英単語の暗記などと同じで、くり返すことで体にしみこんでいく。重要なのは、必ず運動したあとに、食事をすること。

01.
まずは、適度な運動で
体の大そうじを

control for appetite

適度な運動をすれば、代謝が活発になるので、体にたまった不要なものが外に出される。大そうじしてきれいな体になったあとで、正しい食事を入れてやれば、しっかり栄養が吸収され、健康的な体になるというわけ。

02.
食欲もストレスも
何も食べずに解消できる

ふだん私たちは、ストレス満載の生活をしている。強いストレスがかかればかかるほど、強い刺激でそれを打ち消そうとする。だから「たくさん食べたい」「味の濃いもの、油っこいもの、甘いものが食べたい」などと、強い刺激を求めるようになるのだ。でも、「運動」も強い刺激のひとつ。つまり、食べなくても、運動をすることでたくさん食べたいという間違った食欲が抑えられる。つまり、ストレスを打ち消すことができるのだ。

03.
食欲コントロールに
「運動」が欠かせない理由

リラックスできるくらいの運動をすると、満腹ホルモンであるレプチンが分泌される。また、適度な運動で爽快感を感じると、セロトニンという幸せホルモンが分泌されるのだが、このホルモンも食欲を抑えてくれる。だから、運動をすると「むしょうに食べたい」という欲がなくなってくるというわけ。

04.
口先だけの食欲に

惑わされちゃダメ!

control for appetite
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。