体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日1万円がもらえる『BIGまさか!のキャンペーン』が締切り間近 疲れた会社員を潤す“プラス1万円生活”を体験してみた

IMG_2280_f

1年間、毎日1万円のおこづかいが指定の口座に振り込まれる。しかも、夏と冬にはそれぞれボーナス100万円をプレゼント。――そんな夢のようなキャンペーンを、最高6億円くじ『BIG』が今年も実施しています。

昨年ガジェット通信では、1日で1万円を使いきって豪華な生活を送る体験レポートをご紹介しましたが、今回は日々の生活に1万円をプラスすると生活にどんな潤いが得られるかを検証してみました。日々の業務でクタクタな会社員でも、毎日の生活にプラス1万円があればあらゆる方法でリフレッシュできちゃうはず。ぜひ、『BIG』の当せんを夢見ながら参考にしてみてください。

【参考記事】1日1万円が毎日もらえたら何をする? 『BIG』の『毎日がBIGキャンペーン』に触発されて“1日1万円生活”を送ってみた
http://getnews.jp/archives/494832[リンク]

1日目:タクシー通勤なら職場への行き返りも楽々!

morning1

通勤や帰宅時のラッシュで、ぎゅうぎゅう詰めのまま電車に揺られる日々。少し出社時間を遅らせたり帰りを早めたりするだけで、意外と電車内が空いているなんてこともあるはずですが、忙しい会社員にとってはそれも思い通りにはならないものです。

バブリーな時代にはタクシーチケットを気軽に利用していたなんて都市伝説も耳にしますが、今のご時世では……。しかし、毎日の生活にプラス1万円があれば通勤も楽々。今日はちょっと怠いな、なんて日にはタクシーを呼んじゃいましょう。

morning6

車内では寝るも良し、メールチェックや急ぎの資料を作成するも良し。移動時間を有意義に活用できちゃいます。

morning8

中にはスマホの充電ができる車両も。これは助かる。

morning5

景色を眺めながらただゆっくりと時が流れるのを楽しみ、仕事を忘……れてはいけませんが、たまには悠々と出勤するのも悪くありません。

morning3

ですが、公共交通機関と違って気を付けなくてはいけないのが、渋滞に巻き込まれた場合。

morning11

この日、行きのタクシーでは事故渋滞で迂回(うかい)したり、トンネル渋滞に引っかかったりして、結局運賃は想定外の7000円超え……。タクシーを使うと予期せぬことがありますが、もちろん遅延証明の発行はないので、みなさんは気を付けましょうね。

night1 night5 night9

ちなみに帰りの運賃は4510円と、本来であれば往復でも1万円以内に収まることが分かりました。ちょっと作業が残ってしまった場合でも、車内で済ませてしまえば家に仕事を持ち帰ることもありません。

もちろん勤務先までの距離によって運賃が左右されますが、プラス1万円生活が実現したら、もう電車通勤に戻れなくなってしまうかも……。

2日目:帰宅が遅くなるなら泊まっちゃえ! 朝食付きで翌朝も元気に出社

IMG_2570

忙しいみなさんの中には、時にタクシーで帰る時間すらももったいないという場合があるでしょう。筆者も、シャワーと仮眠目的で漫画喫茶やカプセルホテルで一夜を過ごした経験が何度もあります……。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。