ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日1万円がもらえる『BIGまさか!のキャンペーン』が締切り間近 疲れた会社員を潤す“プラス1万円生活”を体験してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1年間、毎日1万円のおこづかいが指定の口座に振り込まれる。しかも、夏と冬にはそれぞれボーナス100万円をプレゼント。――そんな夢のようなキャンペーンを、最高6億円くじ『BIG』が今年も実施しています。

昨年ガジェット通信では、1日で1万円を使いきって豪華な生活を送る体験レポートをご紹介しましたが、今回は日々の生活に1万円をプラスすると生活にどんな潤いが得られるかを検証してみました。日々の業務でクタクタな会社員でも、毎日の生活にプラス1万円があればあらゆる方法でリフレッシュできちゃうはず。ぜひ、『BIG』の当せんを夢見ながら参考にしてみてください。

【参考記事】1日1万円が毎日もらえたら何をする? 『BIG』の『毎日がBIGキャンペーン』に触発されて“1日1万円生活”を送ってみた
http://getnews.jp/archives/494832[リンク]

1日目:タクシー通勤なら職場への行き返りも楽々!


通勤や帰宅時のラッシュで、ぎゅうぎゅう詰めのまま電車に揺られる日々。少し出社時間を遅らせたり帰りを早めたりするだけで、意外と電車内が空いているなんてこともあるはずですが、忙しい会社員にとってはそれも思い通りにはならないものです。

バブリーな時代にはタクシーチケットを気軽に利用していたなんて都市伝説も耳にしますが、今のご時世では……。しかし、毎日の生活にプラス1万円があれば通勤も楽々。今日はちょっと怠いな、なんて日にはタクシーを呼んじゃいましょう。


車内では寝るも良し、メールチェックや急ぎの資料を作成するも良し。移動時間を有意義に活用できちゃいます。


中にはスマホの充電ができる車両も。これは助かる。


景色を眺めながらただゆっくりと時が流れるのを楽しみ、仕事を忘……れてはいけませんが、たまには悠々と出勤するのも悪くありません。


ですが、公共交通機関と違って気を付けなくてはいけないのが、渋滞に巻き込まれた場合。


この日、行きのタクシーでは事故渋滞で迂回(うかい)したり、トンネル渋滞に引っかかったりして、結局運賃は想定外の7000円超え……。タクシーを使うと予期せぬことがありますが、もちろん遅延証明の発行はないので、みなさんは気を付けましょうね。




ちなみに帰りの運賃は4510円と、本来であれば往復でも1万円以内に収まることが分かりました。ちょっと作業が残ってしまった場合でも、車内で済ませてしまえば家に仕事を持ち帰ることもありません。

もちろん勤務先までの距離によって運賃が左右されますが、プラス1万円生活が実現したら、もう電車通勤に戻れなくなってしまうかも……。

2日目:帰宅が遅くなるなら泊まっちゃえ! 朝食付きで翌朝も元気に出社


忙しいみなさんの中には、時にタクシーで帰る時間すらももったいないという場合があるでしょう。筆者も、シャワーと仮眠目的で漫画喫茶やカプセルホテルで一夜を過ごした経験が何度もあります……。


しかし1日にプラス1万円があれば、その宿泊先もグレードアップ。会社近くのビジネスホテルで悠々とくつろぐことができちゃいます。


曜日によって金額は異なるものの、今回はセミダブルの朝食付きプランで9500円(税込み)。


到着してすぐに、大浴場で日々の疲れを洗い流すことができました。


洗濯機&乾燥機で衣服の心配もなし。


言うまでもなく、部屋には電源やWi-Fi、有線LANが完備されているので、(良くも悪くも)仕事もできちゃいます。





普段は朝食を抜くことが多い筆者ですが、翌朝はバイキングメニューでエネルギーをチャージ。


バランスの取れたメニューで朝から元気いっぱいです。

会社の近くに宿泊すれば通勤も楽チン。特に独り暮らしの会社員であれば、1万円以内で宿泊できる行きつけのホテルを見つけて、ヘビーユーザーになってしまうかもしれません。

3日目:リフレッシュには抜群の効果! 外出の合間にヘッドスパ


今度はたまった疲れを根本から癒そう、ということでやってきたのはヘッドスパサロン。


新宿駅南口から徒歩3分の“リッツ新宿店”は、さまざまなメディアで取り上げられている有名店のようです。


男性である筆者にとっては、縁遠い存在であったヘッドスパ。しかしスタッフの方によれば、昼休みや外回りの合間の時間をうまく活用して、男性の利用者も女性に負けないくらいの数が来店しているのだとか。

その理由のひとつが、リラクゼーションのためのマッサージだけでなく、個人の頭皮の状態に合ったケアを提案してくれるところ。今回は60分の“ゆったりヘッドスパコース”(8020円)を体験してみたのですが、まず初めに行ったのがカウンセリング。


頭皮の気になる点や来店目的をアンケートシートに記入し、マイクロスコープで頭皮の状態をチェック。すると、「血行不良」「他と比べて細い毛が目立つ部分がある」「頭皮が酸化している」との診断結果が……! 改善すべく、さっそくメニューをスタートしてもらいました。


まずはクレンジング剤を使用し、頭のツボを指圧しながら、普段のシャンプーでは取りきれない皮脂や老廃物を浮かせていきます。


頭部をタオルでくるんで、じっくりと浸透。クレンジング剤にはメントールが含まれ、スースーして気持ちイイ! この時点でかなりのリラックス状態に。


続いて、頭皮の状態に合わせたシャンプーを使用してヘッドマッサージ。頭には内蔵のツボから神経のツボまでびっしりと詰まっているそうで、マッサージによってリンパの流れを促すことで血行を良くします。

このあたりになると自然とウトウトしてきて、取材じゃなかったら完全に寝ていたはず……。


頭皮の酸化を改善するトリートメントを使用しながら引き続きマッサージ。マイナスイオン効果のマイクロミストで加温し、有効成分をじっくり浸透させていく事で血行を良くして頭皮を柔軟にしていきます。


頭皮のマッサージだけで全身がポカポカして身も軽くなった気分ですが、最後には首や肩までマッサージしてもらい、もう大満足。

再度マイクロスコープで頭皮を観察してみると、毛穴の詰りがなくなり、肌の色からも血行が良くなったことが一目瞭然でした。



ちなみに、筆者は眉カット(1570円)も追加して計9560円(税込み)。


編集部に戻ると、「顔色が良くなったね」と言ってもらえました。

もちろん、もっと短時間のメニューも用意されているので、会社員の方はちょっとした合間の時間や大一番のプレゼン前など、スッキリしたい時に気軽に立ち寄ってみては? ちなみに同社は、同じビルの中でボディケアの専門店も展開しているそうです。そちらも行ってみたい……!

リッツ新宿店メニュー一覧:
http://www.coupcorp.jp/menu.html[リンク]

ほかにはこんな“プラス1万円生活”も

ほかにもプラス1万円で普段の生活を潤す方法を考えてみました。

4日目:ランチから豪勢に叙々苑の特選カルビ弁当(4900円)。上司だと角が立つので、指導している後輩の分もおごって威厳を示す。計9800円(税込み)。
http://www.jojoen.co.jp/shop/jojoen/shinjuku-eat-in/menu.php
5日目:仕事終わりにデートで映画館へ。ただし一般鑑賞料金の1800円にプラス3000円で“プレミアラグジュアリーシート”を予約。これなら彼女も大満足。2名分で計9600円(税込み)。
http://www.tohotheater.jp/theater/009/price.html
6日目:最近は営業先での第一印象をアップするため、男性でも“ネイルケア”や“まつ毛エクステ”を利用する人が少なくないようです。メンズ向けのハンド・トータルケアとまつ毛エクステ40本で9720円(税込み)。
http://www.terra-beauty.com/menu
7日目:漫画を読んでリフレッシュ。島耕作から成功哲学を学んでみては? 『社長島耕作』全巻(1~16巻)セットを購入。9426円(税込み)。
http://www.mangazenkan.com/item/1395.html

などなど、毎日の生活を潤す方法はいくらでもありますが、これが365日も続くとはなんて幸せなんだ!

とにかく応募するべし


先述したように、『BIGまさか!のキャンペーン』では、期間中に応募した人の中から抽選で1名に「毎日1万円のおこづかい」×「1年間」が当選。さらに夏と冬にはそれぞれ、ボーナスとして100万円がプラスでプレゼントされます。応募は特設サイトのフォームから氏名、電話番号、メールアドレスを入力し、簡単なアンケートに答えるだけ。キャンペーンは3月20日(金)までなので、その使い道を考えるのは後回しにして、とりあえず応募してみては?

BIGまさか!のキャンペーン特設サイト:
http://big-masaka.com

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP