ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年は大変!? 男の「花粉悩み度」調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボクらにとって、春の大きな悩みといえば「花粉」。外出時はもちろんのこと、自宅に帰ったとたんにより深刻になる…なんてことも。今年は昨年に比べて飛散量が多いともいわれているが、みんなはどれくらい悩んでいるのだろうか? 全国のビジネスマンたちにその「お悩み状況」をアンケート調査してみた。また、オススメのお部屋での対策もご紹介。

●今や半数以上が花粉にお悩み中…。手軽な対策、ないの?

【もっと大きな画像や図表を見る】

「あぁ、またこの季節が来たか…」と、気分がダウンしているみなさん、今年の花粉の状況はいかがだろうか? 昨年よりも飛散量が大幅に多いともいわれているこの花粉、そもそもボクらビジネスマンはどれくらい悩んでいるのだろう。25~34歳のビジネスマンたちへのアンケート(※1)によると「春になると花粉に悩む」という人は52%と、半数を超える結果に! なかでも26%が「かなり悩まされている」と回答。隣を見れば花粉に悩む人がいる…という状況だ。

さらに「花粉に悩む」と答えた男子たちに「お悩みのピークはいつか?」を聞いてみたところ、トップは「3月下旬」(38.5%)、続いて「4月上旬」(28.8%)となった。確かにこの時期は、街ナカでも、オフィスでも、マスク族が急増するのも納得だ。

そして「花粉に悩まされる場所やシーンは?」(複数回答)を聞くと、1位は「外出時」(90.4%)に。言うまでもなく、花粉は屋外でビュンビュン飛散しているものなので、これはまあ当然の結果。意外だったのは、それに続く回答が「室内に入った時」(42.3%)、「朝起きた時」(同じく42.3%)となり、室内の花粉に悩む人が4割以上もいるということ。外でさんざん花粉に悩まされるこの季節、せめて自宅ではそのお悩みからは解放されたいのに…。

ということで、お部屋の花粉をキレイにして、空気をスッキリさせてくれる強いミカタをご紹介しよう。それは、パナソニックの空気清浄機「F-VXK90」だ。まず心強いポイントは、室内で花粉やほこりなどが多く溜まりがちな床上30cmをキレイにすることにこだわった機能「メガキャッチャー」(パナソニックだけ! ※2)と「ツインルーバー」を搭載していること。前面のパネルが開き、本体の下から強力に空気を吸引する「メガキャッチャー」は、お部屋の低いところにある花粉もしっかりキャッチしてくれる。強い気流をお部屋の隅々まで届けて、ハウスダストなどをかき集める「ツインルーバー」とのダブル効果で、室内の花粉をくまなく吸い取ってくれるはずだ。

もちろん注目の機能はそれだけではない! いくら部屋を閉め切っていても、多くの花粉はボクらが外から持ち込むもの。「F-VXK90」には様々なセンサーが搭載されており、なかでもパナソニック独自(※2)の「ひとセンサー」は、人を感知するとすぐに運転を開始するので、ボクらが持ち込んだ花粉が室内に広がってしまう前にばっちりキャッチしてくれるのだ。ほかにも、集じん力の高い「HEPA集じんフィルター」や、春先に気になるPM2.5を検知するプログラムなども搭載。まさに、至れり尽くせりの機能でボクらの部屋の空気をキレイにしてくれる1台なのだ。

顔も気分もグズグズ状態になりながら「花粉に悩むのは仕方ない…」とあきらめるのはまだ早い! この春、まずは自分の部屋の空気をスッキリさせて、快適な自宅ライフを取り戻そう。

※1 全国の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート調査(2015年2月実施/webR25調べ)
※2 2014年7月24日現在

(R25編集部)

今年は大変!? 男の「花粉悩み度」調査はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

会社員のムダ遣い予防策TOP5
男の「やめたいムダ遣い」1位は?
若手会社員の飲み会「3割は嫌々」
「運動しなきゃ」焦る瞬間TOP5
若手会社員「時間管理は苦手」6割

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP