ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いよいよセンバツ開幕! 今年はどんな選手宣誓になるのか? 注目せよ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 組み合わせ抽選会も終わり、いよいよ開幕が近づいてきた今年のセンバツ(第87回選抜高校野球大会)。3月21日の九州学院vs八戸学院光星の一戦で幕を開けるが、それに先立ち、開会式が行われる。

 その開会式での山場は、なんといっても選手宣誓だ。かつては、お決まりのセリフである「スポーツマンシップにのっとり、正々堂々とプレーすることを誓います」を絶叫する儀式だったが、それがガラリと変わったのが1984年のこと。その年の夏の大会で選手宣誓を行ったのは、福井商の坪井久晃主将だ。坪井主将は、従来どおりの定番フレーズではなく、「若人の夢を炎と燃やし、力強く、逞しく、甲子園から大いなる未来に向かって正々堂々闘い抜くことを誓います」と、かくも鮮烈なメッセージを取り入れたのである。この選手宣誓は、当時、高校野球ファンという枠を超えて、大きな話題となった。アラフォー以上なら、記憶に残っている方もいるのではないだろうか。

 それ以降、春、夏ともにこういったオリジナルスタイルが完全に主流となる。甲子園で野球ができることの喜びや、チームメイトや家族、地域の人に対する感謝を語り、また歴史を重ねてきてくれた先人たちへ思いを馳せる。そして、大きな災害が起きた年にはそこに心を寄せる。ときに、あれやこれやと欲張り過ぎて、中だるみ気味になるケースもなくはなかったが、それも味。こうして、球児たちが思いのたけを詰め込んだ選手宣誓は、ファンの興味を引き、胸を熱くする一大イベントへと変貌を遂げていったのである。

 今年のセンバツの選手宣誓は、組み合わせ決定後の専用抽選会で当たりを引いた、敦賀気比の篠原涼主将が務める。

 篠原主将は、決定直後のインタビューで「一生に一度なのでやってみたい気持ちはありましたが、まさか自分が当たるとは思いませんでした」と驚きの表情を浮かべていた。

 また、宣誓の方向性について聞かれると「決まったばかりなのでまだ何も考えていませんが、まずは部長さんと相談します」と、引き締まった表情で話し、「代表になったので、堂々と宣誓したいと思います」と最後に力強く意気込みを述べた。

 大役決定から本番までは約1週間。篠原主将は、おそらく試合とはまた違った緊張とプレッシャーを感じていることだろう。果たして、この短期間にどういった言葉を集め、そして大観衆の前で披露してくれるのか。3月21日の9時から始まる開会式に注目したい。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、センバツ開幕直前に日本一可愛い高校野球マニア・乃木坂46衛藤美彩さんのインタビューを掲載! 甲子園バックネット裏の住人ことラガーさん現地レポートもやります!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では、センバツ開催期間中、毎日、対戦カード分析や観戦ポイントなど、試合のみどころを紹介します!

 現在発売中の『野球太郎』の選手名鑑に続き、『野球太郎No.014』が3月18日に発売します。特集は『オレに訊くな!』、タブーや想定外の質問をあえてぶつける挑戦的な企画です。中田翔(日本ハム)が不敵な笑みを浮かべた質問とは? 張本勲氏から「あっぱれ」をもらったテーマとは? 発売日をお楽しみに!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』はauスマートパス、Yahoo!プレミアム、ドコモSPモードに対応、『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』はauスマートパス、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
ムネリンのライバルとなる選手たち
福島県ゆかりの野球人の「戦い」
今季注目の「モノノフ野球選手」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。