体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今ドキ新居お披露目パーティーはぐっとカジュアルに

今ドキ新居お披露目パーティはぐっとカジュアルに(イラスト:つぼいひろき)

2006年以降に住宅を購入したママ2075人にウィメンズパーク(ベネッセコーポレーション)と共同でアンケート調査を実施。前回は「ご近所さんへの引越しのごあいさつ」事情について(http://suumo.jp/journal/2015/03/02/78271/)、紹介しましたが、今回はデータを紹介するとともに、「新居のお披露目パーティー」事情について体験談を集めてみました。「夫の職場の人を招いて自慢の新居をお披露目」というイメージとは大きくかけ離れているようです。お披露目パーティーをした人は約3分の1と一見少ないものの、実情は異なる?

「新居お披露目パーティーをしましたか?」の問いに関しては36.8%が「した」という結果になりましたが、「お披露目パーティー」とまではいかなくても、マイホームを購入後に人を招く機会が増える人は多いようです。

【図1】新居お披露目パーティーをしましたか (SUUMOジャーナル)

【図1】新居お披露目パーティーをしましたか (SUUMOジャーナル)

「前の賃貸の部屋では人を呼ぶことは皆無でしたが、新築マンションに引越した後は、駅から近い物件なので、ママ友に“ちょっと寄っていく?”という話になりやすいです」(Aさん)、「近所に住むママ友たちは“みんなまとめて”ではなく、習い事の帰りなどに、“家見せて~”と、引越して間もない時期にばらばらと遊びに来ました」(Nさん)など、カジュアルにお披露目をしているという人もいるので、「しなかった」と答えている人のなかにも、購入後、誰かしらを招いた経験を持つ人は少なくないでしょう。

また、「関西出身、東京在住の高校時代の友人たちが久しぶりに集まってくれた」(Mさん)、「マンション購入に興味津々の前の会社の後輩たちが遊びに来た」(Hさん)など、マイホーム購入が懐かしい集まりのきっかけになることもあります。お披露目する割合は、注文住宅が高めで、中古住宅が低め

種別ごとに、引越しパーティーをしたかどうかを聞いたところ、注文住宅はパーティーをした割合が高いという結果になりました。

【図2】新居お披露目パーティーをしましたか(物件種別別)(SUUMOジャーナル)

【図2】新居お披露目パーティーをしましたか(物件種別別)(SUUMOジャーナル)

「昨年末、家を注文住宅で建てたばかり。以前は中古マンションを購入していたけど、注文住宅のほうが、やってくる人の反応が違うので、“お披露目”という感じがしました。この前は、友だちのダンナが同じ建築事務所を検討しているらしく、ノリノリでやってきましたから」(Mさん)

やはり注文住宅は自分なりの“こだわり”が詰まった家だけに、「お披露目パーティー」という言葉がしっくりくるのかもしれません。

一方、マンションも一戸建ても中古はお披露目パーティーをする割合が低めという結果になりました。「ちょうど第二子妊娠中で余裕がなかったこともありますが、中古マンションだし、お披露目というほどでもなかった」(Fさん)、「中古戸建を購入しましたが、最小限のリフォームをしただけ。これからDIYで手を加える予定なので、本当のお披露目はもっと先かな」(Fさん)という声がありました。お披露目相手は圧倒的に親族。もしくは妻側の交友関係が中心

お披露目をする相手は誰かをランキングしたところ、図3のとおり。圧倒的に「親族」という結果になりました。

【図3】誰とお披露目パーティーをしましたか(SUUMOジャーナル)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会