ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新幹線は開業以来死傷者ゼロ 驚異的な記録に秘められた技術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月14日に北陸新幹線の長野~金沢間が開通し、東京~金沢間は約1時間20分の短縮となる2時間28分で繋がれるようになった。北陸新幹線の営業速度は260kmまでだが、東北新幹線の最高時速は320km、山陽新幹線は300kmを記録。日本の新幹線のスピードは、世界でもトップクラスだ。

 これほどのスピードを実現しつつも、「安全性」と「定時運行率」は世界で群を抜いている。開業以来50年間「死傷者ゼロ」というのは世界と比較しても驚異的な記録である。

 フランスのTGVでは過去に幾度も踏み切り事故が起こっている。2011年には中国・浙江省温州で死者40人(中国政府発表)の衝突・脱線事故が、2013年にはスペイン・ガリシア州で死者79人を出す高速鉄道の脱線事故が起きたことは記憶に新しい。日本の新幹線は他国と何が違うのか。国際高速鉄道協会の宿利正史・理事長がいう。

「日本の新幹線システムは、在来線や貨物鉄道と完全に分離され、踏切などの平面交差がない高速旅客鉄道専用線を走行しています。加えて、ATCシステム(自動列車制御装置)がある。これは、先行する列車との間隔や走行速度などを検知し、自動でブレーキをかけるシステムです。それらによって、衝突の可能性を排除していることが最大の特徴です」

 安全にこだわる日本独自の技術は他にもある。そのひとつが地震対策だ。鉄道工学の第一人者で、工学院大学特任教授の曽根悟氏が解説する。

「海岸部などに設置した地震計がP波といわれる地震の初期微動を検知し、必要な場合には走行中の新幹線に非常ブレーキをかける『早期地震検知システム』が導入されています。また、脱線防止と脱線しても大きく逸脱させない仕組みを線路に敷設し、高架橋などの耐震基準も高めてきた。

 東日本大震災では運行中の列車が多くあったにもかかわらず、1人の死傷者も出さず、対策の有効性が確認されました。50年にわたる日本の技術やノウハウは間違いなく世界一です」

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場
新幹線建設の歴史を振り返り新幹線網整備が急務と提言した本
日本の新幹線 速度ではフランスに、価格では中国に敵わない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP