体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ダサい観光客」にならないために!女子旅に必ず持って行くべき「8つのアイテム」

150316_fashionitem

01.
意外な万能選手「ブラックドレス」は
1着あれば着回しが効く!

fashion

ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。
クラブに行く時、パーティに行く時、レストランに行く時など、中途半端なドレスアップでは場違いに。その点、ブラックドレス(ワンピース)は万能選手。パンプスや白いスニーカーなど、シューズを替えるだけでずいぶん表情が変わります。寒冷地でも、ジャケットやカーディガンで調整可能。
ドレスアップスタイルで、お店の人の対応が変わる場所もあるので忘れないで!

02.
フラットなクラッチバッグは
脱ツーリストの必須アイテム

fashionitem

旅行中は何かと荷物が多くなりがち。ひったくりなどを恐れてデイバックや斜めがけのスポーティなバッグを持っている人も多いのですが、せっかく都市をオシャレに歩くならたまにはさっきのブラックドレスにストラップのないクラッチをあわせてみて。小さくてシンプルなバッグを持つだけでも「ああ、ツーリストね!」と見られなくなります。マチのないフラットなクラッチなら全く荷物になりません。

03.
最新日本ブランドは
海外でも視線を釘付けに!

fashion

よく、洋服は現地で買えば良いと言う人がいますが、現地の人にはっとされたいならそれは間違い。外国には売っていない日本の最新ファッション(値段は問いませんが、今シーズンのものを!)を身につけていたほうが好印象。サイズ感なども、やはり日本人向けのものがフィットしたりします。NYなどフレンドリーな人が多い場所では「あなた日本人?その服どこで買ったの?」と聞かれることも。堂々と「渋谷!」と答えましょう。

04.
旅行中でも手は抜かない!
大振りアクセサリーで女性らしく

fashion

旅行に持って行く着替えは、柄物をさけてシンプルにするとコーディネートしやすくて便利。ちょっとつまらないなと思うときに活躍するのが、持ち運びに場所をとらないアクセサリー類です。「なくすといけないから」と、持って行かない人も多いようですが、大振りで安いものをいくつか持って行けば(そう日本のローカルショップで買って)、なくしても惜しくないし、仲良くなった誰かにあげてもいいのです。シンプルなTシャツにパールネックレスか、太いチェーンをするかでも印象は激変。

05.
もしものデートために・・・
パンプスをそっと忍ばせて

fashion

「はかないかもしれないな」と思っても、トランクのどこかにスペースを見つけて持って行くといいのがはき慣れたパンプス。ここぞ、という時の靴が無くて、旅先で買うと靴擦れの元です。

06.
程よい大きさのサングラスは
どこに行っても女子の味方

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。