体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【世界が共感した】本当の幸せを掴むために、人生で手放すべき「19のコト」

150316_need-to-letgo8

人生はほんのちょっとのキッカケで、幸福へと変えることができる。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々あるようだ。

それらを手放すだけで、驚くほど窮屈さから開放されるのかもしれない。

th_スクリーンショット 2015-03-16 18.40.58

Photo by Ed Gregory

th_スクリーンショット 2015-03-16 18.38.14

 Photo by: Ed Gregory

01.
明日が良ければいいという
曖昧な予想や予感

We do not know what the future holds

目的や目標をしっかり見据えて管理することは、幸福へのカギを握る人生の指針。うやむやなまま「なんとかなる」は、ただ明日を乗り切るだけの術だ。5年後、10年後のビジョンを持って、今日を生きよう。

02.
「お金持ちになりたい」
という漠然とした考え

誰だって、本音はお金持ちになりたいと願うもの。でも、必要以上にお金を手にしたいと願えば願うだけ、人生の価値がお金でしか判断できなくなるのでは。確かに、貧乏は心までも貧しくする。でも、お金はあくまでも目的を得るための手段にすぎない。

03.
幸せはすぐそこに・・・
という根拠のない甘い妄想

Life ring

自分から積極的に外に出て充実感を得るような体験を積まなければ、いくら待っていたって幸せは望めない。幸せは自分から掴みとりにいくものだ。

04.
他人からの意見に
一喜一憂する自分

あなた自身が下した決断に満足しているのに、それを誰が咎める権利があるというのか。もちろん、他人のアドバイスや意見を聞き入れることは大切。だけど、そればかりで自分の意志を持たないならば、どうやって自分自身で道を切り開いていくことができるだろう。

05.
知っているつもり・・・
頭から決めてかかること

まだ味見もしていないうちから食べた気になるのは愚かな行為。偏見は人を盲目にさせ、いつになっても真実に気づくことができないから。

06.
手の届きそうもない
完璧な人生を夢見る 

life_00111

完璧な人生なんて存在しない。努力を惜しまず、困難に立ち向かってこそ、初めて人生に価値がでるもの。迷いながらもあなたが選択するひとつひとつが、あなただけの人生を反映していくのだから。

07.
成功に乗っかるだけ?
他人任せの幸福

幸せを共有することは人生の醍醐味のひとつ。でも、誰かに幸せを分け与える人であろう。他人の幸せをシェアするだけでは、いつまでたっても都合のいいだけの人。

08.
自分のカラダへの
コンプレックス

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。