ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会期迫る! ジェフ・ミルズの本気、初の作品形態で!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
会期迫る! ジェフ・ミルズの本気、初の作品形態で!

テクノのDJ / アーティストとして活躍を続けるジェフ・ミルズ。かねてから映像とのコラボなど、音楽とそこから広がるさまざまなアート・エキシヴィジョンは行ってきたが、今回はさらに新境地のエキシヴィジョンを行う。

今回は、ずばり世界初公開のオブジェクト作品!

3月23日(月)に1日限りのエキシビション「WEAPONS:—音楽に関連するアバンギャルドなオブジェクトの小さなしかし強力なエキシビション」を東京は天王洲アイルにて開催。

今回、世界に先駆け日本で初公開されるミルズの最新アート作品は、1942年にロスアンジェルスで起きたUFO目撃事件「バトル オブ ロスアンジェルス」という出来事にインスパイアされ。プロダクトデザイナー、スズキユウリ氏の協力のもとに制作された、かつてないデザインの音楽機材「The Visitor」。

50年代のフィルム・ノワールを基調にしたセッティング、ミルズによる音楽を背景に「バトル オブ ロスアンジェルス」に端を発したヒステリアを再現した「Investigative Walls」、1942年ロサンジェルスで起きたUFO目撃事件「バトル・オブ・ロサンジェルス」に関するオブジェクト「Battle of Los Angeles」、オリジナルのアナログ・レコードを使用した「Tomorrow + X」、スズキユウリ氏とのコラボレーションによる全く新しい形のドラムマシン「The Visitor」と「The Visitor」の使用時にジェフが着用するオランダ人デザイナー、ユロエン・フォン・トゥイルがデザインしたスーツ「The Stranger」を世界初公開展示。ジェフ・ミルズの来日に合わせた一日限りのエキシビション。当日はジェフ・ミルズ本人による各オブジェクトの解説やトークショーも企画。

いろいろ読んでみても?は広がるばかりですね、百聞は一見にしかずってことで当日は現地に! その先鋭的すぎるDJプレイや哲学的なテーマに基づいた作品作り、発言などで「宇宙人」などとも言われる彼。しかし、その作品を理解するのも、いまま直接ふれる方がてっとり早かったでしょう?ということで詳細、チケットなどは下記の公式ページにて!
(河村)

・JEFF MILLS presents WEAPONSページ
http://weapons.peatix.com

ジェフ・ミルズ・コメント
[人間性は好奇心と探究心によって進化してきた。思考と想像が実現する方法を見つけ出したときに不可能は可能になる。つまり夢見ることによって何事も可能になるという理論が私たちの想像力をよりたくましくしてきたと言える。間接的にでも我々に未来の姿を想像させてくれるサイエンス・フィクションはこれからますます評価されることになるのではないだろうか。

JEFF MILLS presents
WEAPONS
– a small but potent collection of music affiliated avant-garde objects
「WEAPONS:—音楽に関連するアバンギャルドなオブジェクトの小さなしかし
強力なエキシビション」
2015年3月23日(月)19:00 – 22:00
天王洲アイル 寺田倉庫 G1号5F 特設会場
〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
チケット:1500円
販売:Peatix : http://weapons.peatix.com
発売日:現在発売中
主催:Axis Records
制作:UMAA Inc / TodaysArt.JP
協力:寺田倉庫株式会社 / Gibson Guitar Corporation Japan

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。