ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重症な五十肩「拘縮肩」 治療は関節鏡を使用した手術が有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中高年になると増える五十肩。痛みで夜も眠れず、腕が動かせないが、8割の人は1、2年で症状は回復する。しかし、残り2割は回復せず、痛みと腕の動きが悪いままの状態が続く。

 重症の五十肩は拘縮(こうしゅく)肩といわれ、肩甲骨の尖端に軟らかいとげが発生し、腱板などを傷つけているために動けなくなっている。拘縮肩の治療として、関節鏡を使用した手術が行なわれ効果を発揮している。

 五十肩は、肩が痛くて夜も眠れない、腕を上げられない、肩が動かせないなど、痛みと肩関節の動きの障害の両方が起こる。痛みで不眠になり、血圧が上がったり、自律神経のバランスが崩れる、動悸やイライラが激しくなるなど、内臓の症状が起こることもある。加齢により、肩関節の周囲が変性し、炎症が起こることが原因と考えられている。

 五十肩は、痛みが強い急性期が3か月程度続く。急性期は、痛み止めを服用し、リハビリテーションを行ない治療する。その後、痛みは軽減するが、腕などの動きが悪い慢性期が半年から1年続き、約8割は回復期に入る。

 ところが、残り2割は慢性期のまま、痛みも残る。腕を上げようとすると、ズキンという痛みが起こり、腕を横に広げようとしてもできないなどの症状が出て、重症の拘縮肩になる。東京女子医科大学東医療センター整形外科の神戸克明准教授に話を聞いた。

「五十肩は、痛みのために肩や腕が動かなくなっていると思われがちですが、それは違います。痛みが無くても、肩や腕は動きません。構造的に肩の可動域が狭くなるのが、五十肩なのです。

 重症の拘縮肩の場合は、肩甲骨の尖端にとげができて、肩の隙間が狭くなります。その結果、腱板に当たり、傷を付けることで痛みを生じたり、力瘤を作る腱が肩の中で癒着して、肩だけでなく、腕や肘までも痛くなるのです」

 拘縮肩の治療は、ヒアルロン酸の注射などだが、回復しない場合に関節鏡を使った手術が行なわれる。首の付け根にブロック麻酔を行ない、肩関節の周囲に4か所7ミリの孔を開ける。この孔から関節鏡(カメラ)や電気メスなどを入れる。

 治療は骨にできたとげを削ることから始める。電気メスを使うと温度が上昇し、組織を傷める可能性があるため、孔から生理食塩水を入れて、水を流しながらの手術となる。さらに、骨に癒着している力瘤を作る腱を慎重に剥がしていく。剥がしすぎると腱が作用しなくなるので、骨との具合を見ながら行なう。

「関節は老化とともに、軟らかいとげができやすいのですが、とげによる傷が治りやすい人と、そうでない人がいます。五十肩が重症化しやすいのは、特に糖尿病の方です。すでに糖尿病を患っている方や、家族に糖尿病患者がいる場合、拘縮肩になりやすい傾向があります」(神戸准教授)

 手術は麻酔を含めても1時間半ほどだ。麻酔が覚めて少し痛みは残るが、1泊2日で退院可能だ。退院後は、1~3か月ほどリハビリテーションを行なう。特に、肩甲骨周りの筋肉が細くなっているので、その筋肉を中心にリハビリメニューを実行する。

 近年、パソコンによるデスクワークが増えているが、マウスを使うために、腕が前に出ている状態が長く続くと、肩関節の前の部分が狭くなり、肩甲骨にとげができやすいといわれる。仕事の最中に、腕を大きく広げることで、肩関節を動かすことが五十肩の予防の秘訣だ。

(取材・構成/岩城レイ子)

※週刊ポスト2015年3月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中高年の肩の痛み 四十肩でなく「肩腱板断裂」の可能性あり
心筋梗塞の発症 歯痛や肩、腕、小指の痛みから分かることも
「野球肩」と言われる肩の強い痛み 放置すると治療は長期化

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。