ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついついやりがち・・・。成功できない人の「10の習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夢はあるけど実現は難しそう。憧れはあってもそもそも絶対無理だから「夢」とも言えないかも。成功している人の習慣は、どれもマネしようと思っても難しそうなことばかりだし。

そこで、発想の転換!今回は「成功できない」人の習慣を10個まとめてみた。これを裏返せば、アナタも成功に一歩、近づくかも・・・?

01.
時は金なり・・・
「時間」の価値を知らない

何かをやろうと思ったら、十分な準備期間が必要。その目標に届かないのは、時間が足りなかったからでは?自分の身にならない飲み会への参加をさりげなく断ったり、家事の時短をはかったり、自分で時間を作り出すスキルも、成功するための大事なカギ。

02.
モッタイナイ!
自分で自分の限界を決める

「私にはムリ」「◯◯さんはすごいから・・・」知らず知らずのうちに、失敗したときのための予防線を張ってない?もしかしたらアナタが尊敬する◯◯さんとアナタの差は、ちょっと勇気を出してやってみるか否か、だけかもしれない。

03.
自分で仕事を探せない
与えられるのを常に待つ

仕事やチャンス、向こうからやってくるのを待っていては、一歩抜きんでることはできない。上司や先輩、消費者たちには、あなたが提案して初めて「ああ、それ欲しい!」と思う隠れたニーズがあるもの。自分からどんどん提案するクセをつけたい。

04.
目の前のことで精一杯
ゴールを認識していない

真面目な頑張り屋さんが陥りやすい落とし穴がコレ。いろいろ頑張っているはずなのに、全然ゴールに近づかない・・・と思ったら、一度落ち着いて、自分の目指すゴールと、それに必要なステップを書き出してみるといいかもしれない。気がつかないうちに、必要のないところに力を注いでいることって、けっこうある。

05.
1円を笑うものは1円に・・・
コスト意識が、まるでない

コピー用紙一枚だって、1回のタクシー代だって、チリも積もれば山となる。日々の心がけが夢を叶えるための資金になり得ることを、覚えておきたいもの。

06.
一人では成し得ないのに
人に感謝しない

フリーランスの仕事や、自分がリーダーだったプロジェクト。もちろんアナタの頑張りは評価されるべきだけど、それって本当にアナタだけの力でできたこと?

目立たないところでも、サポートしてくれている人はたくさんいる。成功はみんなのおかげ、そう思っている人のところに、不思議とチャンスは集まってくる。

07.
どうせ無理だから・・・
ベストを尽くさない

ちょっと壁にぶつかったり、雲行きが怪しくなったり。そこで諦めてしまってないだろうか?ゴールはそのすぐ先かもしれないのに。ピンチの時ほどベストを尽くす、成功するためにはその強さが求められるのかもしれない。

08.
「自分がやったほうが早い」が口癖
 周りの力をうまく使えない

自分にしかわからない仕事を作って、頑なに守ろうとする人、アナタの周りにもいるのでは?本人はそれで自分のポジションを守っているつもりでも、会社や組織は、ある程度仕事をマスターしたら後輩や部下にそれを渡し、また新しい仕事に挑戦してくれる人を歓迎する。いつまでも同じ仕事にすがっているようでは、ダメなのだ。

Photo by Eric Bailey

 09.
人のせいにしてばかり
失敗から学ばない

上司とウマが合わなかったから、ちょうど時期が悪くて・・・いつも失敗を自分以外の人やモノのせいにしているのなら、要注意。実際にそれらによる影響が大きかったとしても、自分でもう少し工夫できなかっただろうか?その「ふり返り」をするかしないかで、成長の幅が大きく変わるはず。

10.
夢見るばかりで
実際に行動しない

いきなり大がかりなことを始めようとするから、大変だし、先延ばししたくなる。千里の道も、一歩から。イメージ・トレーニングだけではなく、小さなことからでいいから、実際に夢への一歩を踏み出してみよう。

関連記事リンク(外部サイト)

【世界中が絶賛!】死ぬ前に、どこへ行きたいですか?最後の願いを叶える「奇跡の救急車」
「人生に台本はない。その一瞬を生きろ!」Twitter創業者が、卒業式で語った熱いスピーチ
ハッピーな人が毎朝、ベッドから出る前に実践している「9つの習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP