ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ、ベースメント・ジャックスの公演に緊急参戦&ゲームとのタイアップ決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(C)masanori naruse
3月13日に東京・豊洲PITにて行われた世界最高峰のダンスユニット、ベースメント・ジャックスの公演に高校生アイドル6人組チームしゃちほこが緊急参戦し、遂に初となる海外アーティストとのコラボパフォーマンスが実現した。

今回実現したコラボは、彼らの昨年発表された楽曲「Back 2 The Wild」の日本語versionをチームしゃちほこがパフォーマンスするというもので、既にこのコラボが発表された時点で、各所で大きな話題を呼んでいた。

公演では、フジロックでの数々の伝説を始め、日本のみならず世界中で多くのオーディエンスを湧かせてきたベースメント・ジャックスの新旧楽曲を織り交ぜた貫禄たっぷりなパフォーマンス、そして出演者全員ド派手な衣装で会場をあおりつづけ、駆け付けたファンは始まりから終始ハイテンション。そんな中、チームしゃちほこの6人組が現れる。

(C)masanori naruse
6人とも初めての海外アーティストとのコラボ、しかもライブでの競演ということで流石に登場した瞬間は緊張した様子が垣間見られたが、コラボ曲「Back 2 The Wild(Japanese version)」が始まると「ラーメンラーメンラーメーメメメーメメメーン」、「君は誰?ここはどこ?マイメンメンメンメン麺!」、「一郎、三郎、あなたも好き」といったまさにチームしゃちほこなフレーズと、それにリンクしたこの日の為だけに急遽用意された振り付けを時には笑顔を振りまきながら見事初披露を終え、最後は集まった3000人の観客とベースメント・ジャックスのメンバーにお辞儀をして究極異色コラボを完遂した。

更に、ベースメント・ジャックスの代表曲「Where’s Your Head At」では、楽曲の途中に、ファンには最早恒例のゴリラの着ぐるみが登場したかとおもいきや、一匹だけ頭の上に青い髪飾りをつけている。このゴリラの中にはチームしゃちほこの“マリッジブルー”こと咲良菜緒(サクラナオ)が急遽入って登場。出演直前の決定で、観客だけでなく、事前にまったく何もしらされずにショーをみていた他のメンバーにもビックリサプライズとなった。

そして、アンコール最後の楽曲「Bingo Bango」中ではチームしゃちほこを含めた全出演者がステージ上にて紹介され日本での公演を終えた。なお、今回のコラボライブと、当日のチームしゃちほこに密着した模様は5月にMTV JAPANにて放送される。

そして、チームしゃちほこの次なるコラボは、ゲーム「LORD of VERMILION」のPCオンライン版「LORD of VERMILION ARENA」とのタイアップが発表となった。そしてゲームとのコラボタイアップ曲「Twilight」が5月13日発売のシングル「天才バカボン」に収録されることも併せて発表された。

2015年3月13日豊洲PIT ベースメント・ジャックス セットリスト
Intro>Good Luck
Unicorn
Power to the People
Red Alert
New Link Taiko
Never Say Never
What’s the News
Friendly Garage
Oh My Gosh
Everybody
Rhonda Bass Dance
Back 2 The Wild(Japanese ver.)
Romeo
Jump n Shout
Buffalo
Raindrops Orchestral(long)
Do Your Thing
Rock This Road
What a Difference
House Scene
Fly Life
Techno Pumper
Zadok
Where’s Your Head At

(アンコール)
Mermaid of Salinas
Bingo Bango 

関連リンク

チームしゃちほこ オフィシャルサイトhttp://team-syachihoko.jp/
チームしゃちほこ Twitterhttps://twitter.com/syachi_staff
チームしゃちほこ Ustreamチャンネル「SyachihokoTV」http://www.ustream.tv/channel/syachihokotv
チームしゃちほこ YouTubeチャンネル「SyachihokoCH」http://www.youtube.com/syachihokoch

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP